老老介護の対策方法 - 年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報

年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報 ホーム » スポンサー広告 » 年金生活者の方へ » 老老介護の対策方法

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

老老介護の対策方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

介護は経済面、体力面などで負担を強いられます。


 介護の費用負担の意識調査では、年金収入で賄うと考えている人が最も多くなっています。しかし、今後、年金財政が厳しくなるなか、年金だけで賄えるのか不安な面もあります。


 同居の介護時間を見ると、「ほとんど終日」が要介護3以上から30%を超え、要介護5では50%にも達しています。「半日程度」も含めると、要介護3から50%を超え、負担の重さを示しています。









 また、ほとんど終日と答えた介護者の70%は女性でした。老老介護では、主に女性が介護していることもあり、介護者の体力面、精神面の問題なども指摘されています。


 体力の衰えた高齢の介護者では、介護による肉体的負担で新たな病気になることがあります。大半の時間を介護に割くことでストレスも大きくなり、「介護疲れ」によるさまざまな問題が表面化しています。また、介護者の死亡による「孤立死」が問題になっています。


老老介護の対策は短期と中長期で考えていかなければいけないと思うのです。


今、現在老老介護で悩んでおられる方は一刻も早い短期の対策が必要です。


簡単な方法の一つに身近な公的機関を最大限に利用することが必要です。


年々衰える自分自身の健康を守るためにも、”ひとりで抱え込まない”ことが老老介護を続けていく上で一番重要になります。



公的機関に関しては、まずは【地域包括支援センター】を活用するとよいでしょう。地域包括センターは、区や市町村が設置する施設で、全国各地に4000箇所あります。


相談に訪れると、常駐しているベテランのケアマネージャーや看護師さんが対策を考えてくれる上に、必要に応じて病院や介護サービス事業者などからも情報が集めれ、適切な支援策を探してくれるのです。


今は介護の必要がない方も将来その可能性はだれもがあるのです。そういった方は中長期での対策が必要です。


対策としては、介護に備えたお金の蓄えをしておくことです。お金があれば老老介護に直面しても選択肢が増えるので重要です。


お金を増やす方法はさまざまありますので、またご紹介していきたいと思います。

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://synchronicityhy.blog.fc2.com/tb.php/97-ea86b42f

Windows 7 高速化 - 重いソフトを快適に動作させる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。