12/22の日経225先物は、原油安一服で買い先行も材料難から上値も重くもみ合う展開か - 年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報

年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報 ホーム » スポンサー広告 » 日経225先物相場 » 12/22の日経225先物は、原油安一服で買い先行も材料難から上値も重くもみ合う展開か

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12/22の日経225先物は、原油安一服で買い先行も材料難から上値も重くもみ合う展開か


12/21の日経225先物は、先週末の欧米株安や円高基調を受け売り先行でスタート。利益確定売りが強まったが、売りが一巡すると上海総合指数が上げ基調を強めたため一変、買戻しが優勢となり引けにかけて下げ幅を縮小した。ナイトでは、原油安による欧米株安やリスク回避の円買いで引けにかけて売りが強まった。


NY株式市場は、先週末にかけて大幅下落となったことで、値頃感から買いが先行。しかしながら、原油価格が34ドル前半まで下落し、上値を抑える要因となった。週後半にクリスマスの連休を控え、その後は揉み合う展開となったものの、引けにかけて上げ幅を拡大した。

NY為替市場は、この日発表の米国の11月シカゴ連銀全米活動指数が、プラス転換予想に反してマイナスとなったこと。また、NY原油先物の下落が続いていることで(1月限が一時34ドル割れ)、米国10年債利回りが低下し、ドル売りが優勢になった。ただ、その後、米アトランタ連銀総裁の利上げペースに関する強めの発言で、ドルは下げ渋った。


(前日)
日経VI・・・22.71▲(23.05)
RSI・・34.0▲(39.5)
暴落レシオ・・・84.74▲(86.46)
日経平均かい離率・・・-3.03▲(-2.80)
外資系売買動向・・・700万株売り越し
日経平均先物CME(円建て)・・・18800(8時現在)




12/22の日経225先物は、原油安が一服してきており、円買いが後退しているため買いが先行しそうです。ただ、買い進むには材料難であることから上値も重く一巡後はもみ合う展開となりそう。



上げたり下げたり不安定な相場でも勝てる投資法をあなたも手に入れてください!

2016年1月-3月期お申込み受付中!!
TSS2016年度予約受付中


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://synchronicityhy.blog.fc2.com/tb.php/648-157ca9fa

Windows 7 高速化 - 重いソフトを快適に動作させる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。