12/15の日経225先物は、売りが先行するも自律反発に期待か!? - 年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報

年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報 ホーム » スポンサー広告 » 日経225先物相場 » 12/15の日経225先物は、売りが先行するも自律反発に期待か!?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12/15の日経225先物は、売りが先行するも自律反発に期待か!?


12/14の日経225先物は、原油価格の下落や米高利回り(ジャンク)債ファンドの実質破たんなどを背景にリスク回避ムードが広がり、大幅安となった。売り一巡後は押し目買いなどで下げ渋ったが、今晩の米国市場などを見極めたいとして、見送りムードも強く、上値の重い展開が続いた。ナイトではリスク回避の円買いが強まり、再び売られる展開となった。



NY株式市場は、ハイイールド(ジャンク)債市場への懸念や原油先物価格が35ドルを割り込んだことで昼にかけてダウは一時100ドル以上下げる場面もあった。しかし午後になって原油価格が上昇に転じたことで下げ幅を縮小した。FOMC(連邦公開市場委員会)を前に様子見ムードとなっており、前日終値を挟んで揉み合う展開となったが、引けにかけては上昇して引けた。

NY為替市場は、NY原油先物が時間外取引で2009年2月来で初めて35ドルを割り込んだため警戒感が高まり、リスク回避の円買いが加速した。その後、原油価格や米国株式相場の回復に連れてドル買い、円売りが再開した。


(前日)
日経VI・・・23.89△(21.05)
RSI・・29.3▲(35.3)
暴落レシオ・・・93.57▲(102.33)
日経平均かい離率・・・-3.87▲(-2.18)
外資系売買動向・・・290万株買い越し
日経平均先物CME(円建て)・・・18780(8時現在)




12/15の日経225先物は、シカゴ先物にさや寄せする格好から売りが先行するも、その後は原油先物価格の反発を手掛かりに、前日の大幅な下げに対する自律反発が期待される。調整トレンドではあるが、売られ過ぎによるリバウンドが意識されやすいでしょう。



上げたり下げたり不安定な相場でも勝てる投資法をあなたも手に入れてください!


2015年の新しい投資法をご提案します

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://synchronicityhy.blog.fc2.com/tb.php/643-034dc9e6

Windows 7 高速化 - 重いソフトを快適に動作させる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。