12/11の日経225先物は、来週のFOMCやメジャーSQを控え様子見ムードが広がりもみ合う展開か - 年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報

年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報 ホーム » スポンサー広告 » 日経225先物相場 » 12/11の日経225先物は、来週のFOMCやメジャーSQを控え様子見ムードが広がりもみ合う展開か

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12/11の日経225先物は、来週のFOMCやメジャーSQを控え様子見ムードが広がりもみ合う展開か


12/10の日経225先物は、原油相場の下落を背景とした米国株安や円高進行を嫌気し、リスク回避の売りが優勢となった。もっとも下値を拾う動きもあり、日中は安値圏で一進一退。来週の米連邦公開市場委員会(FOMC)を前に手控えムードも強く、薄商いとなった。ナイトでは、米指標が嫌気され一時ドル売りが強まったが、その後米国株が買われことで売り買い交錯する展開となった。


日経225ラージ12月限

◇日中:始値19,060/高値19,130/安値19,020/終値19,020(-100)
※売買代金:471328990/ 出来高:24719

◆夜間:始値19,350/高値19,370/安値18,950/終値18,950(-400)
※売買代金:719921570/ 出来高:37420



日経225ミニ12月限

◇日中:始値19,065/高値19,130/安値19,020/終値19,030(-35)
※売買代金:3421031055/ 出来高:179396

◆夜間:始値19,345/高値19,365/安値18,950/終値18,950(-395)
※売買代金:10620497210/ 出来高:552489





NY株式市場は、原油価格が37ドルを割り込むなど下落が続いているものの、エネルギーや素材セクターの銘柄に値頃感から買い戻しが広がったほか、航空会社や運輸関連も堅調推移となった。ダウ平均は一時200ドルを超す上昇となる場面もあったが、引けにかけて上げ幅を縮小した。

NY為替市場は、米国の週次新規失業保険申請件数が予想を上回ったことを嫌ったドル売りが一時強まったのち、株式相場の上昇で安心感が広がり債券利回り上昇に伴うドル買いが再燃した。


(前日)
日経VI・・・22.71△(21.91)
RSI・・30.2▲(41.3)
暴落レシオ・・・102.08▲(110.78)
日経平均かい離率・・・-3.09▲(1.77)
外資系売買動向・・・70万株買い越し
日経平均先物CME(円建て)・・・19,730(8時現在)




12/11の日経225先物は、3日続落していることもあり押し目を拾う動きもでてきてはいるものの、来週のFOMCを控えポジションを取りづらい状況でもあり19000円を挟んだもみ合いとなりそうです。また、本日のメジャーSQ算出日にあたるため市場推定値を意識する展開となるでしょう。


本日の予定
・16:00 ドイツ11月消費者物価指数(CPI、改定値)(前月比) (前回:0.1% 予想:0.1%)
・19:30  ロシア中銀政策金利(前回:11.00% 予想:10.50%)
・21:00 インド10月鉱工業生産(前年同月比) (前回:3.6%)
・22:30 米国11月卸売物価指数(PPIコア指数、食品・エネルギー除く)(前月比)(前回:-0.3% 予想:0.1%)
・22:30 米国11月小売売上高(除自動車)(前月比)(前回:0.2% 予想:0.3%)
・22:30 米国11月小売売上高(前月比)(前回:0.1% 予想:0.3%)
・22:30 米国11月卸売物価指数(PPI)(前月比)(前回:-0.4% 予想:-0.0%)
・24:00 米国12月ミシガン大学消費者態度指数・速報値 (前回:91.3 予想:92.0)



上げたり下げたり不安定な相場でも勝てる投資法をあなたも手に入れてください!


2015年の新しい投資法をご提案します


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://synchronicityhy.blog.fc2.com/tb.php/642-7f52cf75

Windows 7 高速化 - 重いソフトを快適に動作させる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。