12/7の日経225先物は、円安基調や米利上げへの不透明感が解消されたことで安心感から買いが優勢となりそう - 年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報

年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報 ホーム » スポンサー広告 » 日経225先物相場 » 12/7の日経225先物は、円安基調や米利上げへの不透明感が解消されたことで安心感から買いが優勢となりそう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12/7の日経225先物は、円安基調や米利上げへの不透明感が解消されたことで安心感から買いが優勢となりそう


12/4の日経225先物は、ECB(欧州中央銀行)の追加緩和内容への失望「ドラギ・ショック」から欧米株式が大幅下落した影響が尾を引き大幅に下落。また11月米雇用統計の発表を控えていることも見送り気分につながり終始上値の重い展開が続いた。ナイトでは、11月雇用統計が予想を上回る堅調な内容となったほか、地区連銀経済報告(ベージュブック)で緩やかな経済成長が示されたことでドルが買われ、反発する展開となった。


日経225ラージ12月限

◇日中:始値19,600/高値19,660/安値19,430/終値19,460(+40)
※売買代金:1334217000/ 出来高:68300

◆夜間:始値19,500/高値19,660/安値19,390/終値19,640(-330)
※売買代金:840701710/ 出来高:43057



日経225ミニ12月限

◇日中:始値19,595/高値19,660/安値19,435/終値19,460(+40)
※売買代金:10791458670/ 出来高:552310

◆夜間:始値19,500/高値19,660/安値19,385/終値19,640(-335)
※売買代金:12392392605/ 出来高:634621




NY株式市場は、昨日の大幅下落を受けた買戻しが入ったほか、11月雇用統計で非農業部門雇用者数が予想を上回る21万1千人増、失業率は前月と同じ5.0%となったことで、12月の利上げが確定的となり、金融政策の不透明感が後退したことが好感され、終日堅調推移となった。10月の貿易赤字が拡大したほか、NY原油先物相場が一時40ドルを下回ったものの、相場への影響は限定的となった。

NY為替市場は、4日のニューヨーク外為市場でドル・円は、122円74銭から123円38銭へ上昇し123円12銭で引けた。予想を上回った米11月雇用統計を受けて、年内の利上げがほぼ確実との見方が強まり、ドル買いが再燃した。


(前日)
日経VI・・・22.00△(20.13)
RSI・・57.9▲(61.3)
暴落レシオ・・・113.97▲(123.08)
日経平均かい離率・・・-0.37▲(1.97)
外資系売買動向・・・1120万株売り越し
日経平均先物CME(円建て)・・・19,725(8時現在)




12/7の日経225先物は、11月雇用統計が予想を上回る堅調な内容となったほか、地区連銀経済報告(ベージュブック)で緩やかな経済成長が示されたことで、FF金利の先物取引から算出される12月の利上げ確率は76%(4日時点)に上昇しており、利上げはほぼ確実となったことでドル買いが強まっており買い先行でスタートしそうです。「金融政策の不透明感」が今年の株式相場の上値を抑えてきたことを考えれば、現在の状況は好感される可能性が高く、株価上昇に繋がるだろう。ただ、今週はメジャーSQを控えており相場が荒れる可能性もあるので注意が必要でしょう。


本日の予定
・ 13:15 日本黒田東彦日銀総裁、発言
・16:00 ドイツ10月鉱工業生産(前月比) (前回:-1.1% 予想:0.8%)
・24:00 米国11月米労働市場情勢指数(LMCI) (前回:1.6 予想:1.6)
・24:00 イギリスカーニー英中銀(BOE)総裁、発言



上げたり下げたり不安定な相場でも勝てる投資法をあなたも手に入れてください!


2015年の新しい投資法をご提案します


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://synchronicityhy.blog.fc2.com/tb.php/638-d20560c4

Windows 7 高速化 - 重いソフトを快適に動作させる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。