11/25の日経225先物は、地政学リスクによる円買いで上値も重くもみ合う展開か - 年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報

年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報 ホーム » スポンサー広告 » 日経225先物相場 » 11/25の日経225先物は、地政学リスクによる円買いで上値も重くもみ合う展開か

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11/25の日経225先物は、地政学リスクによる円買いで上値も重くもみ合う展開か


11/24の日経225先物は、欧米株安や円高基調を受け売り先行でスタートするも下値では押し目買いが入りもみ合う展開となった。その後引けにかけて買いが強まり続伸して終えている。ナイトでは、トルコ軍機によるロシア軍機撃墜を受けて地政学的リスクへの警戒感から円が買われ売りが先行となったが、その後米7-9月期GDP改定値が予想通り速報値から上方修正されたためドル買いが強まり一転買い優勢となり下げ幅を縮めた。


日経225ラージ12月限

◇日中:始値19,900/高値19,970/安値19,830/終値19,960(+60)
※売買代金:574,059,270/ 出来高:28,845

◆夜間:始値19,970/高値19,990/安値19,760/終値19,840(-130)
※売買代金:601,347,120/ 出来高:30,280



日経225ミニ12月限

◇日中:始値19,900/高値19,970/安値19,835/終値19,965(+65)
※売買代金:5,760,442,810/ 出来高:289,482

◆夜間:始値19,975/高値19,985/安値19,765/終値19,845(-130)
※売買代金:9,273,237,205/ 出来高:466,937




NY株式市場は、トルコ軍機によるロシア軍機撃墜を受けて地政学的リスクへの警戒感から売りが先行。11月消費者信頼感指数が予想を下振れて下げ幅を拡大したものの、堅調な原油相場が好感され午後になって上昇に転じた。但し、週後半に感謝祭を控えて引き続き閑散取引となっている。

NY為替市場は、米国の7-9月期GDP改定値が予想通り速報値から上方修正されたためいったんドル買いが強まったものの、トルコによるロシア機撃墜を受けてプーチン露大統領が「ロシア機撃墜はトルコの背信が原因」とトルコを強く非難したため地政学的リスクの高まりにリスク回避のドル売り、円買いが優勢となった。


(前日)
日経VI・・・20.16▲(20.46)
RSI・・68.0▲(69.8)
暴落レシオ・・・130.41△(127.16)
日経平均かい離率・・・3.89▲(4.01)
外資系売買動向・・・170万株売り越し
日経平均先物CME(円建て)・・・19,890(8時現在)




11/25の日経225先物は、地政学リスクによる円買いで上値重い状態続くも、下値では先高観から押し目買いが入りもみ合う展開となりそうです。ただ、26日が感謝祭で米市場が休場になることや米指標を控え、海外投資家の動きが鈍ることが想定されます。


本日の予定
・08:50 日銀・金融政策決定会合議事要旨
・09:00 シンガポール7-9月期四半期国内総生産(GDP、確定値)(前期比年率)(前回:0.1% 予想:0.0%)
・22:30 米国前週分新規失業保険申請件数 (前回:27.1万件 予想:27.0万件)
・22:30 米国10月耐久財受注(前月比) (前回:-1.2% 予想:1.7%)
・22:30 米国10月個人消費支出(PCE)(前月比) (前回:0.1% 予想:0.3%)
・22:30 米国10月個人所得(前月比)(前回:0.1% 予想:0.4%)
・24:00 米国10月新築住宅販売件数(前月比) (前回:-11.5% 予想:6.8%)
・24:00 米国11月ミシガン大学消費者態度指数・確報値(前回:93.1 予想:93.1)



上げたり下げたり不安定な相場でも勝てる投資法をあなたも手に入れてください!


2015年の新しい投資法をご提案します


Windows 7 高速化 - 重いソフトを快適に動作させる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。