11/24の日経225先物は、欧米株安や円高基調を受け売り先行も押し目買いも強く一巡後はもみ合う展開か - 年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報

年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報 ホーム » スポンサー広告 » 日経225先物相場 » 11/24の日経225先物は、欧米株安や円高基調を受け売り先行も押し目買いも強く一巡後はもみ合う展開か

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11/24の日経225先物は、欧米株安や円高基調を受け売り先行も押し目買いも強く一巡後はもみ合う展開か


11/20の日経225先物は、前日までの上昇で強まった短期的な過熱感や連休前ということで利益確定売りに押される展開を朝方から続けていたが、海外の一部ファンドが決算期末に伴う買いを大引けにかけて入れたことで、取引終了間際に上昇へ転じた。


日経225ラージ12月限

◇日中:始値19,820/高値19,900/安値19,720/終値19,890(+70)
※売買代金:750,633,220/ 出来高:37,899

◆夜間:始値19,890/高値19,950/安値19,860/終値19,920(+30)
※売買代金:336712270/ 出来高:16,910



日経225ミニ12月限

◇日中:始値19,815/高値19,900/安値19,720/終値19,890(+75)
※売買代金:7,169,465,465/ 出来高:362,161

◆夜間:始値19,890/高値19,945/安値19,860/終値19,920(+30)
※売買代金:5,736,913,870/ 出来高:288,119




NY株式市場は、週後半の感謝祭の祝日を前に、手控えムードとなった。主要経済指標に乏しい中、前週の上昇を受けて利益確定の売りも散見され、朝方は売り買いが交錯する展開となった。軟調な原油相場が嫌気されたほか、FRB理事が利上げに消極的な姿勢を示したことで、利上げ時期への不透明感が強まり、軟調推移となった。

NY為替市場は、米国の10月シカゴ連銀全米活動指数、11月製造業PMI、10月の中古住宅販売件数が予想を下回ったこと。また、タルーロFRB理事の利上げに慎重な発言を受けてドル売りが優勢となった。しかし、ウィリアムズ米サンフランシスコ連銀総裁の週末講演での発言「米国の経済が現在の状況を維持した場合、12月に利上げを開始する正当性が強まる」、を受けた年内の利上げ観測も根強く、下値は限定的だった。


(前日)
日経VI・・・20.46▲(21.24)
RSI・・68.0▲(69.8)
暴落レシオ・・・127.16▲(132.22)
日経平均かい離率・・・4.01△(4.30)
外資系売買動向・・・410万株売り越し
日経平均先物CME(円建て)・・・19,865(8時現在)




11/24の日経225先物は、欧米株安や円高基調を受け売り先行でスタートするも、押し目買いも強く、一巡後は売り買い交錯する展開となりそうです。また、要人発言による米利上げ観測時期の不透明感が高まっており、今晩の米GDP改定値の結果が注目されるため引けにかけて手控えムードが広がる可能性もあります。


本日の予定
 ブラジル中央銀行政策金利 (前回:14.25% 予想:14.25%)
・16:00 ドイツ7-9月期国内総生産(GDP、改定値)(前期比)(前回:0.3% 予想:0.3%)
・18:00 ドイツ11月IFO企業景況感指数 (前回:108.2 予想:108.2)
・18:30 南アフリカ7-9月期四半期国内総生産(GDP)(前期比年率)(前回:-1.3% 予想:2.1%)
・19:00 カーニー英中銀(BOE)総裁、発言
・22:30 米国7-9月期四半期実質国内総生産(GDP、改定値)(前期比年率)(前回:1.5% 予想:7.50%)
・23:00 米国9月ケース・シラー米住宅価格指数(前回:182.47 予想:183.03)
・24:00 米国11月消費者信頼感指数(コンファレンス・ボード) (前回:97.6 予想:99.5)
・24:00 米国11月リッチモンド連銀製造業指数 (前回:-1 予想:1)



上げたり下げたり不安定な相場でも勝てる投資法をあなたも手に入れてください!


2015年の新しい投資法をご提案します


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://synchronicityhy.blog.fc2.com/tb.php/630-67d5b23d

Windows 7 高速化 - 重いソフトを快適に動作させる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。