11/6の日経225先物は、底堅い展開も引けにかけて米雇用統計を控え手控えムードが広がり利益確定売りが強まりそう - 年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報

年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報 ホーム » スポンサー広告 » 日経225先物相場 » 11/6の日経225先物は、底堅い展開も引けにかけて米雇用統計を控え手控えムードが広がり利益確定売りが強まりそう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11/6の日経225先物は、底堅い展開も引けにかけて米雇用統計を控え手控えムードが広がり利益確定売りが強まりそう



11/5の日経225先物は、米利上げ観測による円安基調を受け買い先行でスタートするも一巡後は利益確定売りに上値を抑えられる展開となった。その後優勢3社の大商いが続いていること、決算発表の業績期待が下支えとなり買戻す動きが強まった。この日の上海総合指数の上昇なども後押しし一時買いが強まったが引けにかけて米雇用統計睨み手控えムードが広がった。ナイトでは、円安が進行し一段高となったが、米指標を受けてドル売りが加速したため重しとなり上げ幅を縮小している。


日経225ラージ12月限

◇日中:始値19,040/高値19,190/安値19,000/終値19,140(+100)
※売買代金:854,633,710/ 出来高:44,727

◆夜間:始値19,150/高値19,350/安値19,110/終値19,260(+110)
※売買代金:529,059,510/ 出来高:27,504



日経225ミニ12月限

◇日中:始値19,040/高値19,190/安値19,000/終値19,140(+100)
※売買代金:7,744,397,530/ 出来高:405,359

◆夜間:始値19,155/高値19,350/安値19,110/終値19,260(+105)
※売買代金:8,243,049,856/ 出来高:428,525




NY株式市場は、週間新規失業保険申請件数が概ね堅調な水準で推移したほか、7-9月期の労働生産性指数が予想を大幅に上振れたことで買いが先行。為替相場でドル高が進行、軟調な原油価格など商品相場が嫌気され、一時下落に転じる場面もあったが、明日の雇用統計の結果を見極めたいとの思惑から買戻しが入り、前日終値を挟んで揉み合う展開となった。

NY為替市場は、米国の週次失業保険申請件数が予想以上に増加、米7-9月期単位労働コスト速報値が予想を下回ったことを背景に、ドルは伸び悩んだ。


(前日)
日経VI・・・22.77▲(23.61)
RSI・・68.7▲(68.9)
暴落レシオ・・・140.31△(125.75)
日経平均かい離率・・・3.90△(3.36)
外資系売買動向・・・390万株買い越し
日経平均先物CME(円建て)・・・19,235(7時現在)




11/6の日経225先物は、底堅い状態ではあるものの週末要因や米雇用統計を控えているため引けにかけて手控えムードから利益確定売りが強まりそうです。また、買われすぎを示す暴落レシオが140%と大幅に上昇しており、これ以上買い進むのは難しい状況ではある。そのため調整売りが強まる可能性もあり警戒が必要です。


本日の予定
・13:00  黒田東彦日銀総裁、発言
・16:00 ドイツ9月鉱工業生産(前月比)(前回:-1.2% 予想:0.5%)
・20:00 ブラジル10月IBGE消費者物価指数(IPCA)(前月比) (前回:0.54% 予想:0.80%)
・22:30 カナダ10月失業率(前回:5.1% 予想:5.0%)
・22:30 カナダ10月新規雇用者数(前回:1.21万人 予想:1.00万人)
・22:30 米国10月非農業部門雇用者数変化(前月比) (前回:14.2万人 予想:18.5万人)
・22:30 米国10月失業率 (前回:5.1% 予想:5.0%)



上げたり下げたり不安定な相場でも勝てる投資法をあなたも手に入れてください!


2015年の新しい投資法をご提案します


Windows 7 高速化 - 重いソフトを快適に動作させる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。