年金生活者の投資信託は慎重に! - 年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報

年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報 ホーム » スポンサー広告 » 老後と投資 » 年金生活者の投資信託は慎重に!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年金生活者の投資信託は慎重に!

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎月、分配金がもらえる投資信託は年金生活者を中心に大人気です。

とどまらない勢いで年金生活者の購入が増えているようです。それは、低金利の現在において、銀行へ退職金を定期預金として、預け入れても、とてもその利息がこの分配金とくらべものにならないくらいに少ないのです。

年金生活者として、充分に生活できるためには、投資信託を実質的に担保した分配金と年金が必要なようです。


もっとも、このような投資信託熱は、投資信託のしくみとして、これから資産を形成しようとしている人たちにとっては、手放しでは喜べないことです。


もう少しかみくだくと、分配金を出すということは、純資産を切り崩している、ということなのです。

基準価額の過熱を軽減させつつも純資産を切り崩すことで投資信託は金融商品として、バランスを維持しているので、分配金目当ての投資信託購入者が増えすぎることは、危険なことで、その投資信託の購入タイミングによっては、誰かが最終的に泣きを見ないとも限らないのです。

毎月分配金の出る投資信託は、証券会社にも毎月、投資信託の運用会社からインセンティブが入るので、よほどのことがない限りは、詳しく説明してもらえない懸念があります。


しかし、分配金が出るたびに純資産が目減るだけでなく、さらには割り振られた分配金は課税対象なので、分配金は税金分が差し引かれ、複利効果の恩恵にあずかれないのです。

課税分が損益になることも想定されます。長期的な視点から投資信託を投資していくスタンスなら良いのですが、当座のための金融商品としての場合は、きちんと投資信託を購入する金融機関や証券会社などの説明を受けてから投資した方が良いようです。

自分でお金を安定的に投資しませんか?     

⇒⇒⇒ タートルヘキサシステムトレード
負けない投資

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://synchronicityhy.blog.fc2.com/tb.php/61-65d6b373

Windows 7 高速化 - 重いソフトを快適に動作させる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。