10/22の日経225先物は、ドル円の伸び悩みで昨日の反動による利益確定売りが強まりそう - 年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報

年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報 ホーム » スポンサー広告 » 日経225先物相場 » 10/22の日経225先物は、ドル円の伸び悩みで昨日の反動による利益確定売りが強まりそう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10/22の日経225先物は、ドル円の伸び悩みで昨日の反動による利益確定売りが強まりそう

このエントリーをはてなブックマークに追加

10/21の日経225先物は、この日発表された9月貿易収支が6ヵ月連続の赤字となったことで日銀の追加緩和期待が高まったことで買いが強まった。また引けにかけて好決算株や円安基調による輸出関連株の買いが投資家心理を改善させ、手控えていた投資家の買いにつながった。ナイトでは、為替手動でドル円の120円台回復により高値圏でのもみ合いが続いたが、引けにかけて原油が下落したため円買いへと傾き上値を抑える展開となった。


日経225ラージ12月限

◇日中:始値18,180/高値18,620/安値18,170/終値18,540(+360)
※売買代金:937,702,680/ 出来高:50,813

◆夜間:始値18,460/高値18,600/安値18,420/終値18,500(+40)
※売買代金:340,021,180/ 出来高:18,364



日経225ミニ12月限

◇日中:始値18,180/高値18,620/安値18,165/終値18,540(+360)
※売買代金:8613688410/ 出来高:467,184

◆夜間:始値18,460/高値18,595/安値18,420/終値18,490(+30)
※売買代金:5,391,270,575/ 出来高:291,041




NY株式市場は、堅調な主要企業決算やハイテクセクターでのM&Aが好感され買いが先行。しかし、利益確定の売りが広がったほか、医薬品銘柄での大幅下落も重なり上値の重い展開となった。

NY為替市場は、日本の9月貿易収支が予想外に6か月連続の赤字だったことを背景に、日本銀行による追加緩和観測が強まり、円売りに拍車をかかった。その後、原油価格の下落で警戒感が広がり、リスク回避の円買いが再燃した。


(前日)
日経VI・・・25.54▲(26.09)
RSI・・69.7▲(70.8)
暴落レシオ・・・123.19△(111.33)
日経平均かい離率・・・3.01△(1.14)
外資系売買動向・・・240万株買い越し
日経平均先物CME(円建て)・・・18,460(7時現在)




10/22の日経225先物は、ドル円が再び下げ120円台を割り込んでいることもあり、前日に大きく買われた反動で寄り付きから利益確定売りが強まる可能性があります。その後は昨日同様企業決算中心の売買想定されますが、引けにかけては重要イベントや指標発表を控え手控えムードが広がりそうです。


本日の予定
・17:30 9月消費者物価指数(CPI)(前年比)(前回:2.4%  予想:2.3%)
・17:30 イギリス9月小売売上高指数(前月比)(前回:0.2% 予想:0.4%)
・20:00 ブラジル9月失業率(前回:7.6% 予想:7.8%)
・20:45  欧州中央銀行(ECB)政策金利(前回:0.05% 予想:0.05%)
・21:30 米国前週分新規失業保険申請件数 (前回:25.5万件 予想:26.5万件)
・21:30 カナダ8月小売売上高(前月比) (前回:0.5% 予想:0.1%)
・21:30  ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁、定例記者会見
・23:00 米国9月中古住宅販売件数(前月比)(前回:-4.8% 予想:1.5%)
・23:00 米国9月景気先行指標総合指数(前回:0.1% 予想:0.0%)
・23:00 ユーロ10月消費者信頼感(速報値) (前回:-7.1 予想:-7.4)



上げたり下げたり不安定な相場でも勝てる投資法をあなたも手に入れてください!


2015年の新しい投資法をご提案します


Windows 7 高速化 - 重いソフトを快適に動作させる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。