10/15の日経225先物は、欧米株安やリスク回避の円買いで上値の重い展開が続きそう - 年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報

年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報 ホーム » スポンサー広告 » 日経225先物相場 » 10/15の日経225先物は、欧米株安やリスク回避の円買いで上値の重い展開が続きそう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10/15の日経225先物は、欧米株安やリスク回避の円買いで上値の重い展開が続きそう

このエントリーをはてなブックマークに追加

10/14の日経225先物は、欧米株安の影響で寄り付きから売りが先行し、大幅に下落。その後買い戻す動きもあったが、中国指標の結果が重しとなり目立った切り返しはなかった。また、日米において企業決算発表を控えていることもあり積極買いとはなりにくい状況だった。ナイトでは、中国指標による景気懸念が広まりリスク回避の動きが強まり上値の重い展開となった。また、ウォールマートやJPモルガンの企業決算を嫌気し、欧米株が続落したため引けにかけて売りが強まった。


日経225ラージ12月限

◇日中:始値18,110/高値18,130/安値17,830/終値17,940(+170)
※売買代金:958,839,050/ 出来高:53438

◆夜間:始値17,890/高値18,030/安値17,810/終値17,890(±0)
※売買代金:371,827,220/ 出来高:20,743



日経225ミニ12月限

◇日中:始値18,110/高値18,135/安値17,800/終値17,885(-225)
※売買代金:8,331,090,905/ 出来高:464,336

◆夜間:始値17,890/高値18,030/安値17,800/終値17,885(-5)
※売買代金:6,710,821,415/ 出来高:374,445





NY株式市場は、世界的な景気不透明感に加え、小売米最大手のウォルマート・ストアーズ が通年の売上高見通しを下方修正したことを受け同社株が急落、他の大手小売銘柄も軟調となった。また、前日発表の米金融大手JPモルガン・チェース の決算も失望を誘い、株価が下落した。

NY為替市場は、米連邦準備制度理事会(FRB)が公表したベージュブック(地区連銀経済報告)で全米のほとんんどの地区の経済活動が緩やかに拡大を継続したことが明らかになった。しかし、製造業活動におけるドル高の影響に言及。また、米国債券利回りの低下に伴いドル売りに拍車がかかった。米国10年債利回りは1.979%まで低下し、4月以来の低水準となった。


(前日)
日経VI・・・27.47△(25.71)
RSI・・47.8△(47.6)
暴落レシオ・・・102.08▲(109.71)
日経平均かい離率・・・-0.42▲(1.42)
外資系売買動向・・・420万株買い越し
日経平均先物CME(円建て)・・・17,725(7時現在)




10/15の日経225先物は、中国の景気減速懸念の高まりや、企業決算による欧米株安を受け上値の重い展開が続きそうです。下値では割安感から短期的な買戻しはあるだろうが、依然、企業決算が続くことから、積極買いは期待しづらい。


本日の予定
・ 韓国中銀、政策金利(前回:1.50% 予想:1.50%)
・9:30 オーストラリア 9月新規雇用者数(前回:1.74万人 予想:0.96万人)
・9:30 オーストラリア 9月失業率(前回:6.2%  予想:6.2% )
・9:00 シンガポール7-9月期四半期国内総生産(GDP、速報値)(前期比年率)(前回:-4.0% 予想:-0.1%) 
・21:30 米国 9月消費者物価指数(CPI)(前月比)(前回:-0.1% 予想:-0.2%)
・21:30 米国 10月ニューヨーク連銀製造業景気指数 (前回:-14.67 予想:-8.00)
・21:30 米国 9月消費者物価指数(CPI)(前年同月比)(前回:0.2% 予想:-0.1%)
・27:00 米国 10月フィラデルフィア連銀製造業景気指数 (前回:-6.0 予想:-2.0)



上げたり下げたり不安定な相場でも勝てる投資法をあなたも手に入れてください!


2015年の新しい投資法をご提案します


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://synchronicityhy.blog.fc2.com/tb.php/605-8106d5a8

Windows 7 高速化 - 重いソフトを快適に動作させる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。