10/13の日経225先物は、底堅い展開も中国指標や企業決算次第では上下に振られる相場となりそう - 年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報

年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報 ホーム » スポンサー広告 » 日経225先物相場 » 10/13の日経225先物は、底堅い展開も中国指標や企業決算次第では上下に振られる相場となりそう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10/13の日経225先物は、底堅い展開も中国指標や企業決算次第では上下に振られる相場となりそう

このエントリーをはてなブックマークに追加

10/12のCME日経平均先物は、売り先行で始まったものの、上海総合指数が大幅高となり、4日続伸したことで買い戻しが強まったが、上値を追うだけの材料とまではならず、次第に伸び悩む展開となった。欧米市場が開くと原油価格の下落でリスク回避の円買いが強まったため重しとなり上値の重い展開となったが、引けにかけて戻している。


日経225ラージ12月限

◇日中:始値18,200/高値18,450/安値18,180/終値18,420(+220)
※売買代金:1,027,564,400/ 出来高:56,054

◆夜間:始値18,380/高値18,410/安値18,270/終値18,330(-50)
※売買代金:353,643,000/ 出来高:19,277



日経225ミニ12月限

◇日中:始値18,200/高値18,450/安値18,185/終値18,420(+220)
※売買代金:7,834,973,690/ 出来高:427,603

◆夜間:始値18,380/高値18,415/安値18,265/終値18,325(-55)
※売買代金:5,254,053,925/ 出来高:286,370





NY株式市場は、コロンバスデーの祝日で主要経済指標などの発表も無く、終日閑散取引となった。明日から本格化する7-9月期決算内容を見極めたいとの思惑から午後にかけて緩やかに上昇に転じたものの、軟調な原油相場や欧州株が嫌気され、上値の重い展開となった。

NY為替市場は、米コロンブスデーで債券市場は休場だが、原油価格の下落を嫌い、リスク回避の円買いが強まった。


(前日)
日経VI・・・25.63▲(26.93)
RSI・・53.1△(51.3)
暴落レシオ・・・104.72△(91.08)
日経平均かい離率・・・2.59△(0.99)
外資系売買動向・・・460万株買い越し
日経平均先物CME(円建て)・・・18,280(7時現在)




10/13の日経225先物は、日銀の追加緩和期待に加え、中国も追加緩和を実施するとの観測が強まっており上海総合指数は大幅続伸していることから、底堅い展開となりそうです。ただ、本日は中国貿易統計が発表されるほか、企業の決算発表も本格化することから、結果次第では上下に振られる可能性はある。


本日の予定
・中国9月貿易収支(米ドル)(前回:602.4億ドル 予想:479.0億ドル)
・8:50 日銀・金融政策決定会合議事要旨
・15:00 ドイツ9月消費者物価指数(CPI、改定値)(前月比)(前回:-0.2% 予想:-0.2%)
・17:00 イギリス9月消費者物価指数(CPI)(前月比)(前回:0.2% 予想:0.0%) 
・18:00  ユーロ10月ZEW景況感調査(前回:33.3)



上げたり下げたり不安定な相場でも勝てる投資法をあなたも手に入れてください!


2015年の新しい投資法をご提案します


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://synchronicityhy.blog.fc2.com/tb.php/603-50dea74a

Windows 7 高速化 - 重いソフトを快適に動作させる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。