9/25の日経225先物は、フォルクスワーゲン問題や世界的経済減速懸念、重要イベントを控え上値の重い展開となりそう - 年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報

年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報 ホーム » スポンサー広告 » 日経225先物相場 » 9/25の日経225先物は、フォルクスワーゲン問題や世界的経済減速懸念、重要イベントを控え上値の重い展開となりそう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9/25の日経225先物は、フォルクスワーゲン問題や世界的経済減速懸念、重要イベントを控え上値の重い展開となりそう

このエントリーをはてなブックマークに追加

9/24の日経225先物は、中国経済の減速懸念やフォルクスワーゲンの不正問題が影響し、終始軟調な展開となった。ナイトでは、フォルクスワーゲンの影響で欧州株の下落が大きく、ノルウェーの利下げサプライズで更に世界的な景気減速懸念が高まり、円買いも進んだことで売りが優勢となった。


日経225ラージ12月限

◇日中:始値17,620/高値18,710/安値17,450/終値17,450(-170)
※売買代金:950,071,560(-135,555,340)/出来高:54,090(-6,106)(前日比)

◆夜間:始値17,480/高値17,590/安値17,060/終値17,260(-220)
※売買代金:686,694,330(+182,741,860)/出来高:39,645(+11,373)(前日比)



日経225ミニ12月限

◇日中:始値17,615/高値17,710/安値17,460/終値17,460(-155)
※売買代金:7,552,539,226(-1,725,789,599)/出来高:429,572(-84,686)(前日比)

◆夜間:始値17,485/高値17,590/安値17,065/終値17,265(-220)
※売買代金:9,355,485,920(+1,242,440,650)/出来高:540,534(+85,313)(前日比)




NY株式市場は、フォルクスワーゲンの排ガス規制不正問題の波及が懸念されており、欧州株が下落した流れを受け、売りが先行。建設機械のキャタピラー(CAT)が大規模な人員削減策を発表したことで中国経済の減速による影響も嫌気され、終日軟調推移となった。原油相場や商品相場に買戻しが入ったほか、夕方に開催されるイエレンFRB議長の講演内容を見極めたいとの思惑から引けにかけて下げ幅を縮小する展開となった。

NY為替市場は、米国の8月耐久財受注やシカゴ連銀全米活動指数がマイナスに落ち込んだためドル売りが優勢となった。また、ノルウェー中銀が予想外の利下げに踏み切るなど世界経済の鈍化懸念が再燃しリスク回避の円買いも加速。


(前日)
日経VI・・・30.36△(28.84)
RSI・・46.4▲(41.3)
暴落レシオ・・・64.49▲(71.46)
日経平均かい離率・・・-5.05▲(-2.99)
外資系売買動向・・・290万株売り越し
日経平均先物CME(円建て)・・・17,425(7時現在)




9/25の日経225先物は、イエレン議長が講演で年内に利上げする決意を改めて再確認しており、年内利上げ観測の高まりで少し値を戻してきているが、フォルクスワーゲンの問題による欧州株の下落や中国経済の減速、ノルウェーの利下げなど世界経済の鈍化懸念が高まっていることで依然として上値の重い展開が続きそうです。また、本日は9月中間期末の権利配当付きの最終日売買日にあたり、権利取りの動きがでるほか、日本で消費者物価指数、米国でGDP確定値の発表を控えており、結果次第では大きく動く可能性もあるため注意が必要でしょう。


本日の予定
・8:30 日8月全国消費者物価指数(CPI)(前年同月比)(前回:0.2% 予想:0.1%)
・21:30 米4-6月期四半期実質国内総生産(GDP、確定値)(前期比年率)(前回:3.7% 予想:3.7%)
・23:00 米9月ミシガン大学消費者態度指数・確報値 (前回:85.7 予想:86.5)


9/30までの期間限定販売!!
上げたり下げたり不安定な相場でも勝てる投資法をあなたも手に入れてください!


TSS3r年内最後の販売開始!!


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://synchronicityhy.blog.fc2.com/tb.php/592-51e8f352

Windows 7 高速化 - 重いソフトを快適に動作させる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。