9/24の日経225先物は、世界的な景気減速懸念で上値の重い展開が続きそう - 年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報

年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報 ホーム » スポンサー広告 » 日経225先物相場 » 9/24の日経225先物は、世界的な景気減速懸念で上値の重い展開が続きそう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9/24の日経225先物は、世界的な景気減速懸念で上値の重い展開が続きそう

このエントリーをはてなブックマークに追加

連休中の日経平均先物 CMEは、米利上げ見送りで米経済の先行き不安が高まっていることや、中国製造業の景況感が悪化したことで、世界的に景気への不透明感が強まったことで17500円を割り込む場面もみられた。ただ、23日は訪米中の習近平国家主席が米企業幹部らとの会合で、中国経済は成長を続け、一段と強力かつ革新的なマクロ経済措置を講じていくと述べたことなどもあり下げ渋った状況で現在は17600円台まで回復している。


NY株式市場は、新規材料に乏しい中、民間調査会社がこの日発表した9月の中国製造業購買担当者景況指数(PMI)速報値は、6年半ぶりの低水準に落ち込み、懸念されてきた中国経済の減速が改めて確認されたことで景気減速懸念が強まり小幅続落となった。

NY為替市場は、米国9月の製造業PMI速報値が悪化予想に反して8月と同水準にとどまったことを好感し、一時ドル買いが優勢となった。その後、6年半ぶりの低水準に落ち込んだ中国の製造業PMIを受けた世界経済への懸念や原油安に、リスク回避の円買いが再燃した。


(前日)
日経VI・・・28.84▲(29.17)
RSI・・41.3▲(46.4)
暴落レシオ・・・71.46▲(75.19)
日経平均かい離率・・・-2.99▲(-1.57)
外資系売買動向・・・720万株買い越し
日経平均先物CME(円建て)・・・17610(7時現在)




9/24の日経225先物は、今週の世界的な景気減速懸念の高まりで上値の重い展開となりそうです。そのため先週同様、中国や欧米株式市場の動きに振られやすい状況は変わらず、神経質な状況が続くとみられています。また、今日明日とFRBのイエレン議長の発言や米GDP確定値、日本では消費者物価指数の発表と続くため様子見ムードとなるかもしれません。


本日の予定
・ 米連邦公開市場委員会(FOMC)1日目
・21:30 米前週分新規失業保険申請件数 (前回:26.4万件 予想:27.2万件)
・21:30 米8月耐久財受注(前月比)(前回:2.0% 予想:-2.3%)
・21:30 米8月新築住宅販売件数(前月比)(前回:5.4% 予想:1.6%)
・30:00 イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長、発言


9/30までの期間限定販売!!
上げたり下げたり不安定な相場でも勝てる投資法をあなたも手に入れてください!


TSS3r年内最後の販売開始!!


Windows 7 高速化 - 重いソフトを快適に動作させる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。