9/15の日経225先物は、日銀金融政策決定会合が現状維持なら様子見ムード継続か!?上海総合指数の動向に注意! - 年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報

年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報 ホーム » スポンサー広告 » 日経225先物相場 » 9/15の日経225先物は、日銀金融政策決定会合が現状維持なら様子見ムード継続か!?上海総合指数の動向に注意!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9/15の日経225先物は、日銀金融政策決定会合が現状維持なら様子見ムード継続か!?上海総合指数の動向に注意!

このエントリーをはてなブックマークに追加

9/14の日経225先物は、高い位置で寄り付いたものの、重要イベントを控えていることもありその後は利益確定売りに傾いた。また、上海総合指数が大きく下げたことでリスク回避の円買いが強まり、下げ幅を広げる展開となった。ナイトでは、米FOMCを控え、利上げへの警戒感から様子見ムードが広がり、上値の重い展開となった。


日経225ラージ12月限

◇日中:始値18,230/高値18,230/安値17,790/終値17,820(-410)
※売買代金:1,048,154,850(-151,114,980)/出来高:58,321(-7,793)(前日比)

◆夜間:始値17,890/高値17,920/安値17,760/終値17,870(-20)
※売買代金:275,467,340(-168,856,750)/出来高:15,441(-9,256)(前日比)



日経225ミニ12月限

◇日中:始値18,230/高値18,230/安値17,790/終値17,830(-400)
※売買代金:9,423,346,240(-1,074,533,543)/出来高:524,260(-64,079)(前日比)

◆夜間:始値17,890/高値17,930/安値17,755/終値17,875(-15)
※売買代金:4,623,518,110(-1,375,124,685)/出来高:259,205(-74,236)(前日比)




NY株式市場は、米国株式市場は下落。米連邦公開市場委員会(FOMC)を控え様子見ムードが強まったうえ、弱い中国指標をめぐる懸念が重しとなった。米株式市場は、米連邦準備理事会(FRB)が17日にFOMCの結果を発表するまで変動の大きい展開が続きそうだ。

NY為替市場は、リスク回避の動きが一服するとドルを買い戻す流れが進展したが、米株安に上値を圧迫され再び売られる展開となった。


(前日)
日経VI・・・33.36△(31.70)
RSI・・51.4△(47.6)
暴落レシオ・・・65.48▲(70.94)
日経平均かい離率・・・-5.49▲(-4.49)
外資系売買動向・・・240万株売り越し
日経平均先物CME(円建て)・・・17,900(7時現在)




9/15の日経225先物は、日銀金融政策決定会合の発表が正午ごろ行われるため、結果を見極めるまでは方向感ないてんかいとなりそう。予想では現状維持とされているため、予想通りだと今度は米FOMCの結果を見極めたいとの思惑から薄商いが継続するとみられており、昨日同様、上海総合指数の動向に振られやすい相場となりそうです。
仮に日銀がサプライズで追加緩和を行ったとしても、一時的には買い戻す動きとなるだろうが、メインはFOMCでの利上げへの思惑なので、上値では利益確定売りも出やすくなる。よって日銀は効果が薄い追加緩和をやるとは思えないので現状維持となる可能性が高い。ただ、黒田総裁の発言には注意が必要でしょう。


本日の予定
・日銀金融政策決定会合、終了後決定内容発表
・日銀金融政策決定会合、年間マネタリーベース増加目標
・豪準備銀行(中央銀行)、金融政策会合議事要旨公表
・15:30 黒田東彦日銀総裁、定例記者会見
・18:00 ユーロ9月ZEW景況感調査(前回:25.0 予想:18.3)
・21:30 米9月ニューヨーク連銀製造業景気指数(前回:-14.92 予想:0.00)
・21:30 米8月小売売上高(前月比)(前回:0.6% 予想:0.3%)
・21:30 米8月鉱工業生産(前月比)(前回:0.6% 予想:-0.2%)


9/30までの期間限定販売!!
上げたり下げたり不安定な相場でも勝てる投資法をあなたも手に入れてください!


TSS3r年内最後の販売開始!!


Windows 7 高速化 - 重いソフトを快適に動作させる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。