8/26の日経225先物は、中国先行き不安の継続で上海総合指数を睨みながらの荒い値動きとなりそう - 年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報

年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報 ホーム » スポンサー広告 » 日経225先物相場 » 8/26の日経225先物は、中国先行き不安の継続で上海総合指数を睨みながらの荒い値動きとなりそう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8/26の日経225先物は、中国先行き不安の継続で上海総合指数を睨みながらの荒い値動きとなりそう



8/25の日経225先物は、欧米株安や円高進行などで売りが先行したが、その後上海総合指数が下げ渋ったため買い戻す動きとなったのだが、徐々に中国株が下げに転じたことで再び売られ下げ幅を拡大。この短期売買による乱高下で値幅が一日で1000円以上となった。ナイトでは、中国人民銀行が金融機関の期間1年の貸出基準金利と預金基準金利をそれぞれ0.25%引き下げると発表したことで一転買いが優勢となり欧州株も上昇した。しかし、米住宅指標が弱かったことで上値は重く、引けにかけて米株が急落したことをきっかけに売りが強まった。


日経225ラージ9月限

◇日中:始値17,940/高値18,850/安値17,670/終値17,670(-270)
※売買代金:5,210,867,450(+1,357,623,830)/出来高:285,398(+79,707)(前日比)

◆夜間:始値17,990/高値18,550/安値17,900/終値18,030(+40)
※売買代金:1,781,200,670(-1,072,885,310)/出来高:97,466(-62,184)(前日比)



日経225ミニ9月限

◇日中:始値17,950/高値18,850/安値17,670/終値17,670(-280)
※売買代金:38,393,822,100(+5,063,948,175)/出来高:2,100,699(+323,001)(前日比)

◆夜間:始値17,990/高値18,550/安値17,905/終値18,035(+45)
※売買代金:23,757,157,955(-18,012,071,715)/出来高:1,299,581(-1,038,078)(前日比)




NY株式市場は、中国人民銀行による政策金利と預金基準金利の引き下げ発表を受け、朝方から大きく上昇。7月新築住宅販売件数が堅調推移となったほか、8月消費者信頼感指数が予想を大幅に上振れたことも好感され、主要株価指数は軒並み3%前後の上昇となった。しかしながら、引けにかけて出来高が急速に膨らむ中で上げ幅を縮小、結局前日比でマイナスへと転じた。

NY為替市場は、中国人民銀行による追加緩和を受けたリスク警戒感の後退で、リスク選好の動きになり、朝方は底堅い展開となった。しかし、米国の住宅価格、新築住宅指標が予想を下振れ、引けにかけて株式相場が下落に転じたことで、リスク回避の動きが再燃した。


(前日)
日経VI・・・47.01△(35.66)
RSI・・13.0▲(18.7)
暴落レシオ・・・67.21▲(74.99)
日経平均かい離率・・・-12.23▲(-9.16)
外資系売買動向・・・520万株売り越し
日経平均先物CME(円建て)・・・17,775(7時現在)




8/26の日経225先物は、CMEは現在、米株式市場の急落やドル円の下落で再び18000円を割りこんでおり上値の重い展開となりそうです。ただ、中国が追加緩和を決定したものの依然として中国不安は払しょくされておらず、昨日同様上海総合指数を睨みながらの売買が想定されるため値動きの荒い展開が続く可能性もあります。


本日の予定
26日・・・8:50 日7月企業向けサービス価格指数(前回:0.4% 予想0.4%)、20:00 米MBA住宅ローン申請指数(前週比)(前回:3.6%)、21:30 米7月耐久財受注(前月比)(前回;3.4% 予想:-0.4%)

8/31までの限定募集!!
上げたり下げたり不安定な相場でも勝てる投資法を無料で体験してみませんか!?

TSS3週間無料トライアル募集!


Windows 7 高速化 - 重いソフトを快適に動作させる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。