7/30の日経225先物は、FOMCは無難に通過したことへの安心感や円安基調が後押しし買い先行となりそう - 年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報

年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報 ホーム » スポンサー広告 » 日経225先物相場 » 7/30の日経225先物は、FOMCは無難に通過したことへの安心感や円安基調が後押しし買い先行となりそう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7/30の日経225先物は、FOMCは無難に通過したことへの安心感や円安基調が後押しし買い先行となりそう

このエントリーをはてなブックマークに追加

7/29の日経225先物は、欧米株高の影響から高寄りしたのだが、その後指数寄与度の高い銘柄の業績予想が下方修正されたため下げに転換。また、上海総合指数も売り先行となり下げ幅を拡大したが、午後に入り上海総合指数が反発したことをきっかけに買戻しが入り下げ幅を縮小した。ナイトでは、欧米ともに企業決算が好調だったことや、市場予想通り利上げ開始時期について具体的な発言を避けたことを好感し、引けにかけて大きく買われる展開となった。


日経225ラージ9月限

◇日中:始値20,320/高値20,330/安値20,190/終値20,300(-20)
※売買代金:866,661,190(-667,404,570)/出来高:42,747(-33,062)(前日比)

◆夜間:始値20,340/高値20,410/安値20,280/終値20,400(+60)
※売買代金:358,158,270(-160,499,890)/出来高:17,609(-7,950)(前日比)



日経225ミニ9月限

◇日中:始値20,320/高値20,330/安値20,195/終値20,300(-20)
※売買代金:8,969,534,945(-6,880,413,793)/出来高:442,510(-340,957)(前日比)

◆夜間:始値20,345/高値20,410/安値20,275/終値20,395(+50)
※売買代金:5,741,169,370(-2,699,927,680)/出来高:282,277(-133,700)(前日比)




NY株式市場は、朝方は好決算や中国株式相場の反発で買いが先行したものの、連邦公開市場委員会(FOMC)の結果を見極めたいとの思惑から小動きとなった。FOMCでは労働及び住宅市場の改善を指摘しながらも、利上げ方針については慎重に判断する姿勢を維持し、利上げ開始時期については具体的な発言を避けた。FOMCの発表を好感して引けにかけて上げ幅を拡大する展開となった。NY原油先物相場が一時3%強上昇したことも支援材料となった。

NY為替市場は、予想を下振れた米国の住宅指標、米連邦公開市場委員会(FOMC)の声明の中で、次回会合での利上げのヒントが示されなかったためいったんドル売りが強まった。しかし、景気や雇用への判断が引き上げられたため利上げに近づいたとの見方からドル買いが再燃した。


(前日)
日経VI・・・19.01▲(19.85)
RSI・・64.3△(49.0)
暴落レシオ・・・90.61▲(95.71)
日経平均かい離率・・・-0.43▲(-0.40)
外資系売買動向・・・300万株売り越し
日経平均先物CME(円建て)・・・20,450(7時現在)




7/30の日経225先物は、欧米株高や円安基調、FOMC通過による安心感から買いが先行しそうです。注目のイベントが通過したことで、目先は企業決算に注目です。しかし、いまだに不安定な中国株式市場の動向には注意が必要でしょう。


本日の予定
30日・・・日6月鉱工業生産・速報値(前回:-2.1% 予想:0.3%)、ユーロ圏7月消費者信頼感(前回:-7.1% 予想:-7.1%)、米前週分新規失業保険申請件数(前回:25.5万件 予想:27.0万件)、米4-6月期GDP速報値(前回:-0.2% 予想:2.5%)


あなたに勝ち続ける秘密教えます!

2015年の新しい投資法をご提案します


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://synchronicityhy.blog.fc2.com/tb.php/560-a8fc05ff

Windows 7 高速化 - 重いソフトを快適に動作させる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。