7/29の日経225先物は、不安定な中国株式市場の動向やFOMCの結果を見据え様子見ムードとなりそう - 年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報

年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報 ホーム » スポンサー広告 » 日経225先物相場 » 7/29の日経225先物は、不安定な中国株式市場の動向やFOMCの結果を見据え様子見ムードとなりそう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7/29の日経225先物は、不安定な中国株式市場の動向やFOMCの結果を見据え様子見ムードとなりそう

このエントリーをはてなブックマークに追加

7/28の日経225先物は、前日の上海総合指数の急落を受けた欧米株安の影響で寄り付きから上値の重い動きだったが、その後上海総合指数が反発したことでリスクオフの円売りも加速し、大きな買戻しに繋がり上げ幅を拡大させた。ナイトでは、欧米株が反発したものの225先物はFOMCの結果を見据えてか、上値の重い展開となった。


日経225ラージ9月限

◇日中:始値20,140/高値20,430/安値20,060/終値20,300(+160)
※売買代金:1,534,065,760(+528,173,630)/出来高:75,809(+26,404)(前日比)

◆夜間:始値20,290/高値20,390/安値20,180/終値20,340(+50)
※売買代金:518,658,160(-201,667,130)/出来高:25,559(-10,182)(前日比)



日経225ミニ9月限

◇日中:始値20,145/高値20,425/安値20,065/終値20,305(+160)
※売買代金:15,849,948,738(+5,507,971,243)/出来高:783,467(+275,581)(前日比)

◆夜間:始値20,285/高値20,390/安値20,185/終値20,345(+60)
※売買代金:8,441,097,050(-3,947,476,035)/出来高:415,977(-198,762)(前日比)




NY株式市場は、企業決算が市場予想を上回る内容となったほか、中国株の下落ペースが落ち着いたことが手掛かりとなり、6営業日ぶりの反発となった。

NY為替市場は、上海市場の下げ渋りでリスクオフに傾き円が売られたが、この日発表の消費者信頼感指数が大幅に悪化したためドル売りが強まり、伸び悩む展開となった。


(前日)
日経VI・・・19.85△(19.56)
RSI・・49.0▲(54.2)
暴落レシオ・・・95.71▲(100.51)
日経平均かい離率・・・-0.40▲(-0.32)
外資系売買動向・・・160万株売り越し
日経平均先物CME(円建て)・・・20,365(7時現在)




7/29の日経225先物は、欧米株高や円安傾向で買いが先行しそうな状況だが、依然として中国株式市場の動きに大きく影響されていることもあり、見極めるまでは様子見ムードとなりそうです。また、FOMCの結果を見極めたいとの思惑もあり上値の重い展開が予想されます。


本日の予定
29日・・・米6月住宅販売保留指数(前回:0.9% 予想:0.9%)、 米連邦公開市場委員会(FOMC)終了後政策金利発表、国内企業決算発表本格化


あなたに勝ち続ける秘密教えます!

2015年の新しい投資法をご提案します


Windows 7 高速化 - 重いソフトを快適に動作させる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。