7/28の日経225先物は、FOMCや中国株式市場の見極めから様子見ムードとなりそう!中国株式市場が続落なら2万円割れも!? - 年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報

年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報 ホーム » スポンサー広告 » 日経225先物相場 » 7/28の日経225先物は、FOMCや中国株式市場の見極めから様子見ムードとなりそう!中国株式市場が続落なら2万円割れも!?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7/28の日経225先物は、FOMCや中国株式市場の見極めから様子見ムードとなりそう!中国株式市場が続落なら2万円割れも!?

このエントリーをはてなブックマークに追加

7/27の日経225先物は、先週末の欧米株安を受け下げて始まったものの下値では押し目買いもあり戻す場面もあったが、この日の中国株式市場が8年ぶりの大幅安となったこで再び下げに転じ、引けにかけて下げ幅を広げる展開となった。ナイトでも中国株式市場の下落が欧米株式市場にも影響し、リスク回避の円買いも重しとなり更に下げ幅を拡大させた。


日経225ラージ9月限

◇日中:始値20,370/高値20,490/安値20,270/終値20,350(-20)
※売買代金:1,005,892,130(+420,710,840)/出来高:49,405(+20,801)(前日比)

◆夜間:始値20,250/高値20,280/安値20,050/終値20,130(-120)
※売買代金:720,325,290(+317,505,750)/出来高:35,741(+16,086)(前日比)



日経225ミニ9月限

◇日中:始値20,380/高値20,490/安値20,270/終値20,355(-25)
※売買代金:10,341,977,495(+4,328,354,820)/出来高:507,886(+215,429)(前日比)

◆夜間:始値20,245/高値20,280/安値20,045/終値20,130(-115)
※売買代金:12,388,573,085(+6,154,302,670)/出来高:614,739(+310,606)(前日比)




NY株式市場は、中国株式相場が8年ぶりの大幅下落となったことで、世界主要株価が全面安となり、米国株も終日軟調推移となった。6月耐久財受注は予想を上振れたものの、相場への影響は限定的だった。

NY為替市場は、上海総合指数のほぼ8年5か月ぶりとなる大幅な下落を受けて、世界経済への懸念が再燃し、リスク回避の円買いや米国債券利回りの低下に伴うドル売りが優勢となった。その後、予想を上振れた米国の6月耐久財受注でドルは下げ止まる展開となった。


(前日)
日経VI・・・19.56△(18.49)
RSI・・54.2△(50.0)
暴落レシオ・・・100.51▲(111.62)
日経平均かい離率・・・-0.32▲(0.66)
外資系売買動向・・・220万株買い越し
日経平均先物CME(円建て)・・・20,155(6時現在)




7/28の日経225先物は、昨日の大幅下落で割安感から押し目のチャンスではあるが、欧米株安や円買いに加え、28、29日のFOMCの見極め、中国株式市場の動向など積極的な買いは期待できないため様子見ムードから上値の重い状況となりそうです。
経済成長が鈍化する中で政府の株価押し上げ策が存続可能かどうか疑問が浮上しており、政府の支えなしには耐えられない市場の脆弱性が懸念材料となっている。また、IMFは中国に対し株安に歯止めをかけるために講じた措置を最終的に解除するよう促している。
本日も中国株式市場が続落するようだと、再び2万円割れとなりかねない状況です。


本日の予定
28日・・・ブラジル中央銀行政策金利 (前回:13.75% 予想:14.25%) 、米4-6月期四半期国内総生産(前回:0.4% 予想:0.7%)、米5月ケース・シラー米住宅価格指数 (前回:177.01 予想:180.34) 、米7月リッチモンド連銀製造業指数 (前回:6 予想:7) 、米7月消費者信頼感指数 (前回:101.4 予想:100.0)、 米連邦公開市場委員会(FOMC)1日目


あなたに勝ち続ける秘密教えます!

2015年の新しい投資法をご提案します


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://synchronicityhy.blog.fc2.com/tb.php/558-0bb23ccf

Windows 7 高速化 - 重いソフトを快適に動作させる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。