今週の日経225先物は、外部要因の落ち着きや米年内利上げ観測の思惑による円安期待で堅調な推移となりそう - 年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報

年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報 ホーム » スポンサー広告 » 日経225先物相場 » 今週の日経225先物は、外部要因の落ち着きや米年内利上げ観測の思惑による円安期待で堅調な推移となりそう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週の日経225先物は、外部要因の落ち着きや米年内利上げ観測の思惑による円安期待で堅調な推移となりそう

このエントリーをはてなブックマークに追加

7/17の日経225先物は、欧米株高や円安基調、ギリシャ情勢も一旦の落ち着きを見せ、中国株式市場も大きな下落懸念が後退し、買われる場面もあったが、連休前ということもあり手控えムードから積極的な買いはなかったため方向感のない展開となった。ナイトでは、週末要因や連騰の反動もあり利益確定売りに押された欧米株の影響で上値の重い展開となった。しかし、底堅さもみせ小幅続伸で終わっている。


日経225ラージ9月限

◇日中:始値20,640/高値20,660/安値20,600/終値20,640(±0)
※売買代金:582,218,780(-275,193,730)/出来高:28,216(-13,482)(前日比)

◆夜間:始値20,650/高値20,730/安値20,630/終値20,700(+50)
※売買代金:319,040,610(-1,086,300)/出来高:15,424(-24)(前日比)



日経225ミニ9月限

◇日中:始値20,640/高値20,655/安値20,600/終値20,640(±0)
※売買代金:4,691,894,825(-2,558,353,345)/出来高:227,395(-125,235)(前日比)

◆夜間:始値20,650/高値20,725/安値20,630/終値20,700(+50)
※売買代金:4,818,287,954(-114,481,971)/出来高:232,911(-5,950)(前日比)




NY株式市場は、6月住宅着工・建設許可件数が堅調に推移し、6月消費者物価指数も予想に一致したことで年内の利上げ観測が強まったほか、週初からの急伸を受けた利益確定の売りもあり、上値の重い展開となった。

NY為替市場は、予想を上振れた米消費者物価指数(CPI)や住宅着工件数を好感したドル買いが優勢となった。


(前日)
日経VI・・・16.69△(16.60)
RSI・・59.5△(48.4)
暴落レシオ・・・102.21▲(104.21)
日経平均かい離率・・・1.54△(1.34)
外資系売買動向・・・250万株買い越し
日経平均先物CME(円建て)・・・20,700(7時現在)




今週の日経225先物は、ギリシャ債権問題や中国株式市場の落ち着きに加え、米年内利上げ観測の高まりで円安に振れやすくなっていることから日本の先高感が一層強まり堅調な推移となりそうです。また、今週から日米ともに決算発表が本格化するため各企業決算の行方が左右しそうだ。


今週の予定
20日・・・ギリシャ、ECB 保有の国債約 35 億ユーロの償還期限
21日・・・日銀金融政策決定会合議事要旨、17:30香港6月消費者物価指数
22日・・・濠4-6月期四半期消費者物価、南ア6月消費者物価指数、英中銀金融政策委員会(MPC)議事要旨 、23:00米 6月中古住宅販売件数
23日・・・南ア準備銀行(中央銀行)政策金利 、8:50日6月貿易統計、6:00NZ 準備銀行金融政策決定会合、トルコ中銀金融政策決定会合、21:30米前週分新規失業保険申請件数、23:00ユーロ7月消費者信頼感、23:006月景気先行指標総合指数
24日・・・17:00ユーロ7月サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値)、23:00米6月新築住宅販売件数


あなたに勝ち続ける秘密教えます!

2015年の新しい投資法をご提案します


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://synchronicityhy.blog.fc2.com/tb.php/552-337c70a5

Windows 7 高速化 - 重いソフトを快適に動作させる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。