7/17の日経225先物は、欧米株高や円安基調で堅調な推移となりそう - 年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報

年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報 ホーム » スポンサー広告 » 日経225先物相場 » 7/17の日経225先物は、欧米株高や円安基調で堅調な推移となりそう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7/17の日経225先物は、欧米株高や円安基調で堅調な推移となりそう

このエントリーをはてなブックマークに追加

7/16の日経225先物は、ギリシャ議会が、EU(欧州連合)などの債権団から求められていた財政改革案を可決したことを好感し、買い先行でスタートした。買い一巡後は利益確定売りに押され上値の重い展開となった。ナイトでは、欧米株高やドル買い円売りを受け買い優勢となった。


日経225ラージ9月限

◇日中:始値20,590/高値20,610/安値20,510/終値20,560(-30)
※売買代金:857,412,510(+102,544,710)/出来高:41,698(+4,796)(前日比)

◆夜間:始値20,590/高値20,700/安値20,590/終値20,650(+60)
※売買代金:317,954,310(-5,471,510)/出来高:15,400(-10,351)(前日比)



日経225ミニ9月限

◇日中:始値20,595/高値20,605/安値20,515/終値20,560(-35)
※売買代金:7,250,248,170(-126,502,410)/出来高:352,630(-35,303)(前日比)

◆夜間:始値20,590/高値20,695/安値20,585/終値20,655(+65)
※売買代金:4,932,769,925(-696,461,435)/出来高:238,861(-35,303)(前日比)



NY株式市場は、ギリシャ議会が債権団に求められた財政緊縮策を可決したことで、追加金融支援に向けて前進したことが好感され、買いが先行。欧州中央銀行(ECB)総裁が政策金利の据え置きやギリシャ銀行向けの緊急流動性支援(ELA)の上限引き上げを発表したほか、20日が期限となる42億ユーロの返済履行についても楽観的な見方を示した。週間新規失業保険申請件数が予想より少なかったことや主要企業決算も好感されており、終日堅調推移となった。

NY為替市場は、イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長が前日に年内の利上げをあらためて示唆したことに加え、4週間ぶりのマイナスとなった7月11日までの週の米新規失業保険申請件数を受け、市場では早ければ9月にも利上げがあるとの見方が広がり、ドルが買われた


(前日)
日経VI・・・16.60▲(17.96)
RSI・・48.4△(45.3)
暴落レシオ・・・104.21▲(106.48)
日経平均かい離率・・・1.34△(0.71)
外資系売買動向・・・130万株買い越し
日経平均先物CME(円建て)・・・20,670(7時現在)




7/17の日経225先物は、欧米株高や円安基調、ギリシャ情勢も一旦の落ち着きを見せ、中国株式市場も小反発ながら上昇していることを受け堅調な推移となりそうです。


本日の予定
17日・・・米 6月住宅着工件数(21:30)、米 6月消費者物価指数(21:30)


あなたに勝ち続ける秘密教えます!

2015年の新しい投資法をご提案します

Windows 7 高速化 - 重いソフトを快適に動作させる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。