7/15の日経225先物は、重要イベント目白押しで様子見ムードから上値の重い展開となりそう - 年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報

年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報 ホーム » スポンサー広告 » 日経225先物相場 » 7/15の日経225先物は、重要イベント目白押しで様子見ムードから上値の重い展開となりそう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7/15の日経225先物は、重要イベント目白押しで様子見ムードから上値の重い展開となりそう

このエントリーをはてなブックマークに追加

7/14の日経225先物は、ギリシャ支援問題でユーロ圏首脳会議が条件付きで合意したことで不安が後退し、中国株式市場も堅調となり買いが先行した。しかし、引けにかけて中国株式市場が急落したことを受け一時売りが強まったが限定的となった。ナイトでは、欧米株高となったことで買いが強まり高値を切り上げる展開となった。


日経225ラージ9月限

◇日中:始値20,350/高値20,440/安値20,320/終値20,430(+80)
※売買代金:1,054,361,860(+54,826,650)/出来高:51,728(+1,824)(前日比)

◆夜間:始値20,410/高値20,500/安値20,360/終値20,490(+80)
※売買代金:357,432,640(-156,400,550)/出来高:17,505(-7,790)(前日比)



日経225ミニ9月限

◇日中:始値20,350/高値20,435/安値20,320/終値20,420(+70)
※売買代金:9,672,375,395(-347,553,480)/出来高:474,568(-25,736)(前日比)

◆夜間:始値20,410/高値20,495/安値20,360/終値20,490(+80)
※売買代金:5,414,259,275(-2,975,170,475)/出来高:265,120(-147,783)(前日比)





NY株式市場は、6月小売売上高が予想を下振れたことで寄付きは小幅下落したものの、大手行が相次ぎ4-6月期の好決算を発表したことで緩やかに上昇する展開となった。ギリシャ情勢や中国株式相場の落ち着きも引き続き好感されていることや、イランと主要国の核協議合意によるエネルギー関連株の上昇も後押しした。

NY為替市場は、米6月小売売上高や輸入物価指数が予想外のマイナスに落ち込んだため、債券利回りの低下に伴うドル売りが優勢となった。その後、イエレンFRB議長の議会証言を控えて、年内の利上げを織り込むドル買い、株式相場の上げ幅拡大に連れた円売りに下げ止まった。


(前日)
日経VI・・・19.20▲(22.12)
RSI・・42.7△(38.3)
暴落レシオ・・・101.85△(88.92)
日経平均かい離率・・・0.41△(-0.98)
外資系売買動向・・・40万株売り越し
日経平均先物CME(円建て)・・・20,495(7時現在)




7/15の日経225先物は、底堅さはあるも重要イベントを控え、様子見ムードから上値の重い展開が予想されます。中国ではGDPなどの主要指標の発表、日本では日銀金融政策決定会合における黒田総裁の会見、ギリシャでは、金融支援の条件とされる財政再建策の法制化の期限を迎えるなど方向感を左右するものが多いためそれぞれを見極めた動きとなりそう。


本日の予定
15日・・・黒田日銀総裁会見(中間評価)、中国 6月小売売上高、中国 6月鉱工業生産、中国 6月、都市部固定資産投資、中国 4-6月期 GDP(11:00)、米 6月生産者物価(21:30)、米 6月鉱工業生産・設備稼働率(22:15)、米 7月 NY 連銀製造業景気指数(21:30)/ベージュブック


あなたに勝ち続ける秘密教えます!

2015年の新しい投資法をご提案します

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://synchronicityhy.blog.fc2.com/tb.php/549-d825cc6b

Windows 7 高速化 - 重いソフトを快適に動作させる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。