7/10の日経225先物は、ギリシャ問題の進展期待で買い先行も中国株式市場の動向を伺いながらの展開か!? - 年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報

年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報 ホーム » スポンサー広告 » 日経225先物相場 » 7/10の日経225先物は、ギリシャ問題の進展期待で買い先行も中国株式市場の動向を伺いながらの展開か!?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7/10の日経225先物は、ギリシャ問題の進展期待で買い先行も中国株式市場の動向を伺いながらの展開か!?

このエントリーをはてなブックマークに追加

7/9の日経225先物は、中国株式市場の懸念や米国株式市場が下げたことを受け売り先行でスタートしたが、その後上海総合指数が反発したことで、押し目買いや買戻しの動きが強まり買い優勢となった。ナイトでは、高値圏でもみ合うも冴えない米指標やギリシャの不透明感が継続していることなどから引けにかけて売りが優勢となった。


日経225ラージ9月限

◇日中:始値19,350/高値19,900/安値19,100/終値19,860(+510)
※売買代金:2,723,611,280(+236,591,990)/出来高:139,879(+15,234)(前日比)

◆夜間:始値19,850/高値19,870/安値19,640/終値19,690(-160)
※売買代金:626,108,070(-852,477,930)/出来高:31,638(-44,013)(前日比)



日経225ミニ9月限

◇日中:始値19,350/高値19,903/安値19,105/終値19,860(+510)
※売買代金:26,632,899,079(+4,027,578,610)/出来高:11,368,384(+236,500)(前日比)

◆夜間:始値19,850/高値19,865/安値19,635/終値19,690(-160)
※売買代金:9,956,087,700(-8,943,014,025)/出来高:966,693(-463,433)(前日比)




NY株式市場は、下落が続いていた中国株式相場が中国当局の対応もあり、大幅反発となったことで買いが先行。週間新規失業保険申請件数が予想より増加したことやギリシャ債務問題の先行き不透明感が嫌気され、緩やかに上げ幅を縮小する展開となった。

NY為替市場は、米先週分新規失業保険申請件数が予想外に増加し2月末以来で最高となったためドルは伸び悩んだ。


(前日)
日経VI・・・23.35▲(14.30)
RSI・・45.2▲(46.2)
暴落レシオ・・・82.33▲(87.02)
日経平均かい離率・・・-2.34△(-3.04)
外資系売買動向・・・30万株買い越し
日経平均先物CME(円建て)・・・19,850(7時現在)




7/10の日経225先物は、昨日同様に中国株式市場の動向を睨みながらの展開が予想されます。CMEはギリシャ政府提出の改革案が、欧州委員会の6月26日提案に類似していることが明らかになったことから、ギリシャ支援協議の交渉妥結に向けて期待感が高まったことで、CMEが朝方大きく上昇しており買い先行が予想されますが、中国株式市場が再び下げるようだと利益確定売りに傾く可能性があるので注意が必要です。引けにかけては週末要因や12日のEU首脳会議を控え一旦利益を確定する動きが強まりそうです。


本日の予定
10日・・・日6月国内企業物価指数(8:50)、日6月消費動向調査(14:00)


あなたに勝ち続ける秘密教えます!

2015年の新しい投資法をご提案します


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://synchronicityhy.blog.fc2.com/tb.php/545-d8cc8b06

Windows 7 高速化 - 重いソフトを快適に動作させる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。