7/1の日経225先物は、依然先行き不透明なギリシャ情勢や中国市場を睨んだ不安定な値動きとなりそう - 年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報

年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報 ホーム » スポンサー広告 » 日経225先物相場 » 7/1の日経225先物は、依然先行き不透明なギリシャ情勢や中国市場を睨んだ不安定な値動きとなりそう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7/1の日経225先物は、依然先行き不透明なギリシャ情勢や中国市場を睨んだ不安定な値動きとなりそう

このエントリーをはてなブックマークに追加

6/30の日経225先物は、前日の急落もあり自律反発による買い先行でスタートしたが、一巡後は売り買い交錯する展開となった。しかし、中国市場が持ち直すと引けにかけて買いが優勢となりほぼ高値で引けた。ナイトでは、中国株の下げ止まりやギリシャが返済期限を直前に控えている中EUに新たな支援策を要請したことで進展期待から買い優勢となったが、その後EU財務相による電話会議で提案を受け入れないことを決めたため再び売られる展開となり上げ幅を縮めた。

日経225ラージ9月限

◇日中:始値20,160/高値20,290/安値20,110/終値20,280(+120)
※売買代金:1,153,098,260(-689,673,950)/出来高:57,112(-34,030)(前日比)

◆夜間:始値20,230/高値20,380/安値20,170/終値20,280(+50)
※売買代金:858,084,700(+83,205,660)/出来高:42,302(+4018)(前日比)



日経225ミニ9月限

◇日中:始値20,160/高値20,290/安値20,110/終値20,275(+115)
※売買代金:12,279,496,077(-5,842,654,044)/出来高:608,326(-284,571)(前日比)

◆夜間:始値20,230/高値20,380/安値20,165/終値20,270(+40)
※売買代金:14,727,284,744(+2,510,128,504)/出来高:725,990(+122,489)(前日比)




NY株式市場は、急落していた中国株が下げ止まりアジア株が総じて堅調な展開となったことを受けリスクオフの流れが後退し、買いが先行した。しかし、ギリシャが新たな支援策を提案したが、それをEUが受け入れなかったためデフォルト懸念が再び高まり上値を重くした。

NY為替市場は、ギリシャを巡る動きやこの日発表された米指標がまちまちの結果だったことを受け上下にもみ合う展開となった。


(前日)
日経VI・・・21.41▲(23.75)
RSI・・・53.7△(50.2)
暴落レシオ・・・95.06△(90.43)
日経平均かい離率・・・-0.89△(-1.55)
外資系売買動向・・・780万株買い越し
日経平均先物CME(円建て)・・・20,210(7時現在)




7/1の日経225先物は、ここへきてギリシャはIMFへ返済期限延長を求めたり、EUに対し短期的な支援を求めたりと依然情勢は不透明だが、ユーロ圏財務相が日本時間午後6時半ごろ再び電話会議を行うと表明しており様子見ムードが広まりそうです。また、中国市場の動きにも依然警戒が必要です。よって積極的な動きが控えられ上値の重い展開が予想されます。


本日の予定
1日・・・日6月調査日銀短観(8:50)、日6月新車販売台数(14:00)、日路線価公表、中国 6月製造業 PMI(10:00)、米 6月新車販売台数、米 6月 ADP 雇用統計(21:15)、米 5月建設支出(23:00)、米 6月 ISM 製造業景況指数(23:00)、休場:カナダ、香港、タイ


あなたに勝ち続ける秘密教えます!

2015年TSS7-9月期販売開始!


Windows 7 高速化 - 重いソフトを快適に動作させる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。