6/26の日経225先物は、ギリシャデフォルト懸念の高まりや週末要因などから売りが優勢となりそう - 年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報

年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報 ホーム » スポンサー広告 » 日経225先物相場 » 6/26の日経225先物は、ギリシャデフォルト懸念の高まりや週末要因などから売りが優勢となりそう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6/26の日経225先物は、ギリシャデフォルト懸念の高まりや週末要因などから売りが優勢となりそう

このエントリーをはてなブックマークに追加

6/25の日経225先物は、ギリシャ先行き不安から欧州株安を受け大きく下げて始まったがその後は買戻しが入るなど底堅さを見せた。しかしEU首脳会議を控え手控えムードが広がり引けにかけて調整売りが強まった。ナイトでは、ユーロ圏財務相会合がギリシャと債権団の合意がなされなかったことを受け、デフォルト懸念が高まり欧米株が下落したことで上値を重い展開となった。

日経225ラージ9月限

◇日中:始値20,760/高値20,860/安値20,740/終値20,760(±0)
※売買代金:713,116,230(-386,267,420)/出来高:34,291(-18,356)(前日比)

◆夜間:始値20,780/高値20,850/安値20,760/終値20,770(-10)
※売買代金:505,885,330(-113,699,390)/出来高:24,320(-5,505)(前日比)



日経225ミニ9月限

◇日中:始値20,765/高値20,860/安値20,740/終値20,760(+5)
※売買代金:8,006,394,865(-2,655,149,094)/出来高:384,877(-125,496)(前日比)

◆夜間:始値20,775/高値20,850/安値20,760/終値20,780(+5)
※売買代金:7,348,138,020(-1,778,359,555)/出来高:353,260(-86,052)(前日比)




NY株式市場は、5月個人支出が2009年8月以来の堅調な伸びを示したほか、週間新規失業保険申請件数が予想より減少したことが好感され、買いが先行した。しかし、ユーロ圏財務相会合がギリシャと債権団の合意がないまま閉会。国際通貨基金(IMF)が、金融支援交渉の進捗状況に関わらず債務返済期限を伸ばすことはないと述べたことで、デフォルト(債務不履行)懸念が強まり、下げに転じた。

NY為替市場は、米国の5月個人支出が2009年8月来の大幅な伸びを記録したことを好感し、一時ドル買いが優勢となった。しかし、その後は、「ユーログループ会合が合意なく終了」との報道を嫌気し、リスク回避の円買いが強まった。


(前日)
日経VI・・・17.96△(17.72)
RSI・・・57.1▲(59.0)
暴落レシオ・・・102.93▲(105.86)
日経平均かい離率・・・1.71▲(2.30)
外資系売買動向・・・90万株買い越し
日経平均先物CME(円建て)・・・20,725(7時現在)




6/26の日経225先物は、ギリシャのデフォルト懸念の高まりで欧米株安となったことが重しとなり上値の重い展開となりそうだが、昨日のように先高観から底堅さもあり売り一巡後は買戻しも入りそうだ。ただ、週末要因ということやEU首脳会議を控えておりギリシャ債務問題への進展を見極めたいとの思惑から積極的な買いは入りにくいでしょう。


本日の予定
26日・・・日5月失業率・有効求人倍率(8:30)、日5月家計調査(8:30)、日5月消費者物価指数(8:30)


あなたに勝ち続ける秘密教えます!TSS 7-9月期販売開始!!

2015年TSS7-9月期販売開始!


Windows 7 高速化 - 重いソフトを快適に動作させる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。