6/16の日経225先物は、欧米株安やドル売り優勢も明日のFOMCを見据え方向感のない相場となりそう - 年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報

年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報 ホーム » スポンサー広告 » 日経225先物相場 » 6/16の日経225先物は、欧米株安やドル売り優勢も明日のFOMCを見据え方向感のない相場となりそう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6/16の日経225先物は、欧米株安やドル売り優勢も明日のFOMCを見据え方向感のない相場となりそう

このエントリーをはてなブックマークに追加

6/15の日経225先物は、ギリシャ債務問題の先行き懸念による先週末の欧米株安を受け売り先行となったが、その後は値ごろ感から買戻しや押し目買いの流れが強まった。しかし、6月SQ値である20473円が意識されているのか20400円付近で押し戻され、方向感を探る展開となった。ナイトでは、ギリシャ政府と債権者側の交渉が決裂したことや米指標が冴えない結果となったことで欧米株安となり、上値の重い状態が続いた。ただ、引けにかけて下げ幅を縮小している。


日経225ラージ9月限

◇日中:始値20,200/高値20,400/安値20,200/終値20,340(+140)
※売買代金:672,738,470(-101,522,330)/出来高:33,126(-4,853)(前日比)

◆夜間:始値20,360/高値20,370/安値20,250/終値20,320(-40)
※売買代金:294,175,510(-129,466,830)/出来高:14,487(-6,342)(前日比)



日経225ミニ9月限

◇日中:始値20,210/高値20,395/安値20,205/終値20,340(+130)
※売買代金:6,815,715,906(-704,622,824)/出来高:335,582(-33,362)(前日比)

◆夜間:始値20,360/高値20,370/安値20,250/終値20,320(-40)
※売買代金:4,541,263,595(-1,619,632,585)/出来高:223,650(-79,298)(前日比)




NY株式市場は、14日のギリシャと欧州連合(EU)との交渉が決裂し、債務不履行(デフォルト)に陥る可能性が高まったことから欧州株が全面安となり売りが先行した。また、6月NY連銀製造業景況指数が大幅に落ち込んだほか、5月鉱工業生産指数も予想を下振れたことも売り材料となったが、6月NAHB住宅市場指数が上振れたことで下げ幅を縮小する展開となった。

NY為替市場は、米国の6月NY連銀製造業景気指数が予想外のマイナスとなり、5月鉱工業生産も予想外に2ヶ月連続のマイナスとなったため、債券利回りの低下に伴うドル売りが優勢となった。


(前日)
日経VI・・・18.13△(17.37)
RSI・・・47.6▲(49.6)
暴落レシオ・・・110.89▲(115.86)
日経平均かい離率・・・0.72▲(0.97)
外資系売買動向・・・10万株売り越し
日経平均先物CME(円建て)・・・20,335(7時現在)




6/16の日経225先物は、ギリシャ債務問題が引き続き不安材料となっており、欧米株安やドル売りも重しとなり売り優勢の相場となりそうです。ただ、下値では押し目買いも依然強いとみられ、日中は方向感なくもみ合う可能性が高い。ナイトでは、ギリシャの動向や米 5月住宅着工件数の結果を受けて上下するだろうが、明日のFOMCを見極めるまでは様子見ムードも考えられる。


本日の予定
16日・・・日5月首都圏新規マンション発売(13:00)、独 6月 ZEW 景況感指数(18:00)、FOMC(17日まで)、米 5月住宅着工件数(21:30)


あなたに勝ち続ける秘密教えます!TSS 7-9月期販売開始!!

2015年TSS7-9月期販売開始!


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://synchronicityhy.blog.fc2.com/tb.php/524-de0a5607

Windows 7 高速化 - 重いソフトを快適に動作させる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。