6/8の日経225先物は、先週末の米雇用統計の結果を受け買い先行も高値圏では利益確定売りが強まりそう - 年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報

年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報 ホーム » スポンサー広告 » 日経225先物相場 » 6/8の日経225先物は、先週末の米雇用統計の結果を受け買い先行も高値圏では利益確定売りが強まりそう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6/8の日経225先物は、先週末の米雇用統計の結果を受け買い先行も高値圏では利益確定売りが強まりそう

このエントリーをはてなブックマークに追加

先週の日経225先物は、各指標の結果によりドル円が上下したことを受け、売り買いが交錯する展開となった。週末には、米雇用統計の結果が好感されドル円が125円を超えて引けたことで、先物も大きく買われれ展開となった。

ウォール街


(前日)
日経VI・・・18.52△(18.39)
RSI・・・84.8▲(89.8)
暴落レシオ・・・109.77▲(111.39)
日経平均かい離率・・1.96▲(2.20)
外資系売買動向・・・420万株買い越し
日経平均先物CME(円建て)・・・20,580(7時現在)




6/8の日経225先物は、米雇用統計を受けた展開となるため円安基調を追い風に、買い先行が予想されるが、20600円付近で再び伸び悩んでいることから、天井が意識され調整相場となる可能性がある。また、ギリシャ債務問題なども重しとなり買い一巡後は利益確定売りが強まる展開となりそう。日本では1-3月期GDP改定値が発表されるため、結果次第では影響を与えそうです。


本日の予定
8日・・・日1-3月期 GDP 改定値(8:50)、日5月景気ウォッチャー調査(14:00)、中国 5月貿易収支、米 5月労働市場情勢指数(23:00)


あなたに勝ち続ける秘密教えます!TSS 7-9月期販売開始!!

2015年TSS7-9月期販売開始!


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://synchronicityhy.blog.fc2.com/tb.php/517-e184828a

Windows 7 高速化 - 重いソフトを快適に動作させる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。