6/2の日経225先物は、ドル買い欧米株高で買い優勢も高値圏での重さが意識されてもみ合う展開となりそう - 年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報

年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報 ホーム » スポンサー広告 » 日経225先物相場 » 6/2の日経225先物は、ドル買い欧米株高で買い優勢も高値圏での重さが意識されてもみ合う展開となりそう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6/2の日経225先物は、ドル買い欧米株高で買い優勢も高値圏での重さが意識されてもみ合う展開となりそう

このエントリーをはてなブックマークに追加

6/1の日経225先物は、先週末の欧米株安を受け売り先行で始まったが、売り一巡後は日銀のETF買い期待が下支えとなっていることで、底堅さが意識され押し目買いが強まった。ナイトでは、米ISM製造業景況指数が強い結果となりドルが大きく買われたため、さらに上値を押し上げる展開となった。


日経225ラージ6月限

◇日中:始値20,460/高値20,610/安値20,410/終値20,570(+110)
※売買代金:901,362,770(+17,593,240)/出来高:43,949(+1,027)(前日比)

◆夜間:始値20,580/高値20,630/安値20,510/終値20,630(+50)
※売買代金:438,489,790(-234,703,330)/出来高:21,321(-11,593)(前日比)



日経225ミニ6月限

◇日中:始値20,455/高値20,605/安値20,415/終値20,570(+115)
※売買代金:9,943,292,010(-301,202,660)/出来高:484,959(-12,543)(前日比)

◆夜間:始値20,580/高値20,630/安値20,500/終値20,625(+45)
※売買代金:6,652,835,535(-1,983,219,435)/出来高:323,505(-98,775)(前日比)



NY株式市場は、個人消費支出が横ばいとなったが、ISM製造業景況指数が予想を上回ったことで、売り買い交錯する展開となった。

NY為替市場は、米4月個人消費支出や同コアPCEデフレーターが市場予想に届かず、消費の伸びや物価上昇圧力の鈍さを懸念してドル売りが先行した。ただ、その後の5月ISM製造業景況指数が想定を超える強い結果となったことからドルは反発し、2002年12月以来の125円に迫る勢いとなった。


(前日)
日経VI・・・18.56△(18.47)
RSI・・・85.4△(85.3)
暴落レシオ・・・112.72▲(114.72)
日経平均かい離率・・2.84▲(2.94)
外資系売買動向・・・50万株買い越し
日経平均先物CME(円建て)・・・20,595(7時現在)




6/2の日経225先物は、ドル円の上昇や欧米株の反発を受け底堅い展開が予想されます。しかし、ドル円の上場幅に比べると、225先物はそんなに買われていない。ナイトの引けには利益確定売りに押されている状態で20600円付近で上値を抑えられている状態だ。この状態が続くようだと天井が意識されてくる可能性が高まり、大きく調整売りが出てもおかしくない状態となっている。5日の米雇用統計やギリシャの国際通貨基金(IMF)への3億ユーロ(約400億円)の債務返済期限が迫っており先行きを見据え買い進めない状態もあるでしょう。


本日の予定
2日・・・日5月マネタリーベース(8:50)、4月毎月勤労統計調査(10:30)、ユーロ圏 5月消費者物価(18:00)、米 4月製造業受注指数(23:00)、米 5月新車販売台数


あなたに勝ち続ける秘密教えます!TSS 7-9月期販売開始!!

2015年TSS7-9月期販売開始!


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://synchronicityhy.blog.fc2.com/tb.php/512-c627d0e6

Windows 7 高速化 - 重いソフトを快適に動作させる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。