5/27の日経225先物は、急ピッチのドル高によるマイナス面が意識され、売り先行となりそう - 年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報

年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報 ホーム » スポンサー広告 » 日経225先物相場 » 5/27の日経225先物は、急ピッチのドル高によるマイナス面が意識され、売り先行となりそう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5/27の日経225先物は、急ピッチのドル高によるマイナス面が意識され、売り先行となりそう

このエントリーをはてなブックマークに追加

5/26の日経225先物は、米英市場の休場に伴い薄商いの中、売り買い交錯する展開となった。しかし、目立った大きな調整もなく底堅さを見せた。ナイトでは、米国の年内利上げ観測の高まりや好調な指標の影響でドル買いが強まっていることから、企業業績への懸念が高まったことで米株が大きく下げたため、売りが強まった。


日経225ラージ6月限

◇日中:始値20,430/高値20,480/安値20,380/終値20,470(+40)
※売買代金:621,838,120(+93,373,760)/出来高:30,423(+4,505)(前日比)

◆夜間:始値20,520/高値20,550/安値20,320/終値20,340(-180)
※売買代金:613,910,270(+509,779,250)/出来高:30,011(+24,917)(前日比)



日経225ミニ6月限

◇日中:始値20,435/高値20,480/安値20,325/終値20,335(-100)
※売買代金:7,431,122,820(+2,045,366,475)/出来高:363,635(+99,485)(前日比)

◆夜間:始値20,525/高値20,550/安値20,325/終値20,335(-190)
※売買代金:9,066,404,745(+7,521,657,540)/出来高:443,220(+367,645)(前日比)




NY株式市場は、米コア耐久財受注などの米経済指標が一部堅調だったことで利上げが前倒しされるのではないかとの観測が強まっていることに加え、ドル高の加速が企業業績の懸念材料となり大きく反落した。

NY為替市場は、好調な米指標により、早期利上げ観測が強まり、ドルが一段と買われたことで7年10か月ぶりの123円台を付けている。


(前日)
日経VI・・・17.37▲(17.50)
RSI・・・75.5△(75.3)
暴落レシオ・・・105.49△(104.51)
日経平均かい離率・・2.81△(2.81)
外資系売買動向・・・70万株買い越し
日経平均先物CME(円建て)・・・20,425(7時現在)




5/27の日経225先物は、昨日の急ピッチなドル高で123円台をつけており、CMEは200円近く下げていることから、円安ドル高によるマイナス面が意識されてくる可能性があります。そのため、米株式市場の反落が意識され、売り先行となりそうです。欧州を含むギリシャ債務問題も懸念材料となり重しとなりそうです。


本日の予定
27日・・・日銀金融政策決定会合議事要旨、G7 財務相・中銀総裁会議(29日まで)


あなたに勝ち続ける秘密教えます!

2015年の新しい投資法をご提案します


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://synchronicityhy.blog.fc2.com/tb.php/507-8db42e68

Windows 7 高速化 - 重いソフトを快適に動作させる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。