来週の日経225先物は、米指標やドル円の動きを見据えた展開となりそう - 年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報

年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報 ホーム » スポンサー広告 » 日経225先物相場 » 来週の日経225先物は、米指標やドル円の動きを見据えた展開となりそう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来週の日経225先物は、米指標やドル円の動きを見据えた展開となりそう

このエントリーをはてなブックマークに追加

5/15の日経225先物は、ドラギ総裁の発言に端を発した欧米株高を受け、買い先行でスタートしたが、買い一巡後は利益確定売りに押される場面もあったが、引けにかけて再び買い戻された。ナイトでは、ドル円の上昇で買われたが、米指標が冴えない結果となったことで、徐々に上値を切り下げた。


日経225ラージ6月限

◇日中:始値19,710/高値19,760/安値19,600/終値19,760(+50)
※売買代金:666,368,160(-93,550,220)/出来高:33,816(-4,889)(前日比)

◆夜間:始値19,770/高値19,870/安値19,690/終値19,730(-40)
※売買代金:501,701,150(+115,302,580)/出来高:25,360(+5,626)(前日比)



日経225ミニ6月限

◇日中:始値19,710/高値19,760/安値19,605/終値19,755(+45)
※売買代金:7,632,807,060(-1,101,657,820)/出来高:387,406(-57,350)(前日比)

◆夜間:始値19,780/高値19,865/安値19,690/終値19,735(-45)
※売買代金:6,613,890,820(+866,132,195)/出来高:334,281(+2,934)(前日比)



NY株式市場は、米ミシガン大消費者信頼感指数や米鉱工業生産指数など主要な指標が予想を下回ったことで、米景気の減速が改めて示されたことで、上値の重い展開となった。ただ、同時に利上げ時期の先送りが益々高まったことから大きな下げにはならなかった。


NY為替市場は、日銀の黒田総裁が追加緩和が必要な際には塔婆預金の超過準備につける金利の引き下げや撤廃を含むあらゆる手段を排除しない方針が示されたことで円が売られる展開となった。その後は、米指標が予想を下回り、米景気回復の鈍さを意識した円買い・ドル売りが強まった。


(前日)
日経VI・・・17.71▲(18.34)
RSI・・・45.9▲(48.5)
暴落レシオ・・・101.81△(96.51)
日経平均かい離率・・-0.23△(-0.98)
外資系売買動向・・・60万株買い越し
日経平均先物CME(円建て)・・・19,780(7時現在)




来週の日経225先物は、重要な米指標が来週も続くことから、冴えない結果が続くようだと、堅調な推移が想定されます。しかし、米経済の後退が意識され、ドル円が119円台を割るようだと重しとなりそうです。
冴えない米指標が続いたことが、米株高に影響している状況のため、来週も米指標に注目です。


来週の予定

18日・・・日3月機械受注、米 5月 NAHB 住宅市場指数
19日・・・ユーロ圏 4月消費者物価、、独 5月 ZEW 景況感指数、米 4月住宅着工件数
20日・・・日1-3月期 GDP
21日・・・日 3月全産業活動指数、日銀金融政策決定会合、中国 5月 HSBC 製造業 PMI、米 4月シカゴ連銀全米活動指数、米 4月中古住宅販売、米 4月 CB 景気先行総合指数
22日・・・黒田日銀総裁会見、独 5月 Ifo 景況感指数、米 4月消費者物価




あなたに勝ち続ける秘密教えます!

2015年の新しい投資法をご提案します


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://synchronicityhy.blog.fc2.com/tb.php/498-b62c4c7d

Windows 7 高速化 - 重いソフトを快適に動作させる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。