米FOMCでは利上げ時期への言及、GDP速報値は伸び率減速が予想されるためドル円の動きに注目! - 年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報

年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報 ホーム » スポンサー広告 » 日経225先物相場 » 米FOMCでは利上げ時期への言及、GDP速報値は伸び率減速が予想されるためドル円の動きに注目!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米FOMCでは利上げ時期への言及、GDP速報値は伸び率減速が予想されるためドル円の動きに注目!

このエントリーをはてなブックマークに追加

4/28の日経225先物は、好調な企業業績や株主還元期待などを背景に買い先行で始まったが、祝日前ということや29日のFOMC(米連邦公開市場委員会)、米GDP速報値、30日の日銀金融政策決定会合を控え、買い一巡後は利益確定売りに上値を重くする展開となった。ナイトでは、ドル円の下落や欧州株の下落などを受け、一層上値を重くし2万円台を割る場面もあったが、若干切り替えし、2万円台をキープして終えています。


日経225ラージ6月限

◇日中:始値20,100/高値20,150/安値20,040/終値20,040(-60)
※売買代金:694,072,810(-52,013,320)/出来高:34,542(-2,772)(前日比)

◆夜間:始値20,020/高値20,040/安値19,930/終値20,010(-10)
※売買代金:364,403,850(-17,384,900)/出来高:18,225(-786)(前日比)



日経225ミニ6月限

◇日中:始値20,095/高値20,150/安値20,035/終値20,035(-60)
※売買代金:8,260,193,895(-278,930,125)/出来高:410,945(-16,145)(前日比)

◆夜間:始値20,010/高値20,040/安値19,930/終値20,035(+25)
※売買代金:5,565,102,975(+200,781,140)/出来高:278,318(+11,216)(前日比)




NY株式市場は、アップルが前日の買いから一転利益確定売りにが広がったことや、4月米消費者信頼感指数が市場予想に反して大幅に低下したことが、米景気の先行き不透明感につながったことで大きく売られたが、その後は好調は企業決算を背景に下げ幅を解消し、プラスで終えています。


NY為替市場は、このところの米指標がさえない状況の中、米消費者信頼感指数が予想外に下振れたことを嫌気し、ドルがさらに売られる展開となった。本日のFOMCやGDP速報値を控え戻りは限定的となった。


(前日)
日経VI・・・21.71△(21.75)
RSI・・・60.1▲(62.2)
暴落レシオ・・・96.65△(94.66)
日経平均かい離率・・1.77△(1.46)
外資系売買動向・・・630万株買い越し
日経平均先物CME(円建て)・・・19,985(7時現在)




過熱感は軟調な相場により問題ない。4/29の日経225先物は、祝日でお休み。米株式市場は、FOMCやGDP速報値を受けた動きとなるのだが、FOMCでは金融政策の変更はなくサプライズはないとみられている。また、米1-3月期GDP速報値に関しても伸び率が減速するとみられ、結果を受けた売りに押されそうですが、米景気の減速と6月利上げの可能性は乏しいことは織り込まれており、大きな下げにはならないとみられる。ただ、結果によっては今年の利上げさえ危うくなることから、為替に関してはさらに上値を重くする可能性がある。


本日の予定は、18:00 (欧)消費者信頼感(確定値)、20:00 (米)MBA住宅ローン申請指数、21:00 (独)消費者物価指数、21:30 (米)四半期実質国内総生産、27:00 (米)米連邦公開市場委員会(FOMC)などが予定されています。


あなたに勝ち続ける秘密教えます!

2015年の新しい投資法をご提案します


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://synchronicityhy.blog.fc2.com/tb.php/486-f8ac0137

Windows 7 高速化 - 重いソフトを快適に動作させる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。