4/27の日経225先物は、先週末の大幅下落を受け短期的な買戻しが入るも上値は重い状況が続きそう - 年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報

年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報 ホーム » スポンサー広告 » 日経225先物相場 » 4/27の日経225先物は、先週末の大幅下落を受け短期的な買戻しが入るも上値は重い状況が続きそう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4/27の日経225先物は、先週末の大幅下落を受け短期的な買戻しが入るも上値は重い状況が続きそう

先週の日経225先物は、30日に行われる日銀金融政策決定会合での追加緩和期待で、大きく上昇したが、週末にはそれまでの急ピッチな上昇を受け、週末ということもあり調整売りが強まる展開となった。ドル円の下落も重なり上値の重い展開が続いた。

日経225先物相場


(前日)
日経VI・・・21.02▲(21.45)
RSI・・・69.4▲(75.5)
暴落レシオ・・・97.11▲(100.37)
日経平均かい離率・・1.69△(2.64)
外資系売買動向・・・360万株買い越し
日経平均先物CME(円建て)・・・20,070(7時現在)




過熱感は調整により問題ない。4/27の日経225先物は、先週の急ピッチな上昇で利益確定売りに押されたことで、調整された格好となっており、寄り付きは買戻しが先行しそうです。ただ、買い戻し一巡後は、週後半の日銀政策決定会合やFOMCを控え、売り買い交錯する中上値を重くしそうです。また、ドル円の下落で上値を抑えられている状況もあることから今後の動向に注意が必要でしょう。



あなたに勝ち続ける秘密教えます!

2015年の新しい投資法をご提案します

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://synchronicityhy.blog.fc2.com/tb.php/484-dea226ef

Windows 7 高速化 - 重いソフトを快適に動作させる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。