来週の日経225先物は、日銀金融政策決定会合とFOMCを控え、手控えムードから上値の重い展開となりそう - 年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報

年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報 ホーム » スポンサー広告 » 日経225先物相場 » 来週の日経225先物は、日銀金融政策決定会合とFOMCを控え、手控えムードから上値の重い展開となりそう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来週の日経225先物は、日銀金融政策決定会合とFOMCを控え、手控えムードから上値の重い展開となりそう

このエントリーをはてなブックマークに追加

4/24の日経225先物は、これまでの急ピッチな上昇要因となった追加緩和期待が不透明な状況となっていることから、利益確定売りに押され売り先行となった。その後も週末要因や来週の日銀政策決定会合、FOMCを控え押し目買いも乏しく終始売られる展開となった。ナイトでは、ギリシャ債務問題の後退などで買い戻す場面もあったが、一時的で、ドル円の下落や週末ということで上値の重い展開となった。


日経225ラージ6月限

◇日中:始値20,140/高値20,160/安値20,020/終値20,050(-90)
※売買代金:832,046,210(-37,306,550)/出来高:41,440(-1,579)(前日比)

◆夜間:始値20,040/高値20,140/安値20,040/終値20,050(+10)
※売買代金:317,211,460(-30,095,120)/出来高:15,792(-1,453)(前日比)



日経225ミニ6月限

◇日中:始値20,150/高値20,155/安値20,025/終値20,050(-100)
※売買代金:8,352,575,865(-664,062,994)/出来高:415,946(-30,216)(前日比)

◆夜間:始値20,050/高値20,140/安値20,040/終値20,045(-5)
※売買代金:4,967,299,530(-264,351,165)/出来高:247,283(-12,469)(前日比)




NY株式市場は、欧州株の反発や3月耐久財受注が予想を上回ったほか、ハイテク株の企業決算が好感され上昇する展開となった。


NY為替市場は、耐久財受注はプラスだったものの、GDPに関連する民間設備投資の先行指標となるコア受注が減少したことで、ドル売りが加速し119円を割り込んだ。来週の重要イベントを控えていることも上値を抑えている。


(前日)
日経VI・・・21.02▲(21.45)
RSI・・・69.4▲(75.5)
暴落レシオ・・・97.11▲(100.37)
日経平均かい離率・・1.69△(2.64)
外資系売買動向・・・360万株買い越し
日経平均先物CME(円建て)・・・20,070(7時現在)




過熱感は調整により問題ない。来週の日経225先物は、昨日、急ピッチな上昇で利益確定売りに押されたものの20000円台は維持しており、来週も20000円での押し目買いは期待できるが、29日が祝日となるも、FOMCが控えており、その後30日の日銀金融政策決定会合も控えていることから追加緩和を見極めたいとの思惑もあり、30日までは手控えムードから上値を重くしそう。また、ドル円も119円を割り込んでいることも嫌気材料となるでしょう。

来週の予定

29日・・・FOMC、米1-3月期GDP
30日・・・日銀金融政策決定会合、黒田日銀総裁会見、日銀展望レポート
1日・・・日鉱工業生産、中4月製造業PMI、米4月ISM製造業景況指数




あなたに勝ち続ける秘密教えます!

2015年の新しい投資法をご提案します


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://synchronicityhy.blog.fc2.com/tb.php/483-e0615290

Windows 7 高速化 - 重いソフトを快適に動作させる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。