来週の日経225先物は、企業決算の内容とギリシャ債務問題などの外部要因による動向を探る展開となりそう - 年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報

年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報 ホーム » スポンサー広告 » 日経225先物相場 » 来週の日経225先物は、企業決算の内容とギリシャ債務問題などの外部要因による動向を探る展開となりそう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来週の日経225先物は、企業決算の内容とギリシャ債務問題などの外部要因による動向を探る展開となりそう

このエントリーをはてなブックマークに追加

4/17の日経225先物は、欧米株安に円高、そして来週は企業決算が本格化することから、週末要因で手控えもあり終始売られる展開となった。ナイトでは、ギリシャの債務問題による不透明感で欧州株式市場が下落したことや、中国当局が株式から売りするための貸株を機関投資家に認めるということが伝わったことで、中国株を押し下げるとの警戒感からダウが大幅下落となったことを受けて下げる展開となった。米消費者物価を受けてドルが買われたことで下げ渋る場面もあったが、週末要因もあり利益確定売りによる上値が重い状態が続いた。


日経225ラージ6月限

◇日中:始値19,820/高値19,840/安値19,650/終値19,690(-130)
※売買代金:977,600,730(+164,906,140)/出来高:49,514(+8,573)(前日比)

◆夜間:始値19,690/高値19,690/安値19,480/終値19,530(-160)
※売買代金:561,121,980(+235,000,690)/出来高:28,660(+12,207)(前日比)



日経225ミニ6月限

◇日中:始値19,815/高値19835/安値19,650/終値19,695(-120)
※売買代金:9,718,496,015(+1,073,257,780)/出来高:492,157(+56,538)(前日比)

◆夜間:始値19,685/高値19,695/安値19,480/終値19,535(-150)
※売買代金:8,770,243,145(+3,799,557,025)/出来高:448,034(+197,240)(前日比)



NY株式市場は、ギリシャ債務問題の不透明感、中国当局の証券会社に対する規制強化、アメックスの決算発表が悪かったことなどが重なり、大幅に下落する展開となった。


NY為替市場は、米3月消費者物価指数が予想を上回ったことを受け、米長期金利が上昇したことでドルが買われる展開となった。しかし、米株価が大幅安となったことで、一転ドル売り優勢となってしまい、118円台後半で終えています。


(前日)
日経VI・・・19.70△(19.23)
RSI・・・57.2▲(69.1)
暴落レシオ・・・99.32▲(105.73)
日経平均かい離率・・0.36▲(1.63)
外資系売買動向・・・170万株売り越し
日経平均先物CME(円建て)・・・19,540(7時現在)




指数は日経平均の下げで過熱感はなくなっており、問題ない。来週の日経225先物は、企業決算が本格化するため、好調な結果が確認されれば、週末の調整もあり上昇基調となるが、昨晩の世界的な株安の原因であるギリシャや中国などの外部要因が足を引っ張る形になるため、売り買いが交錯する可能性があります。企業決算が嫌気される結果であれば、今まで下支えていた先高観が後退し売りが強まるでしょう。ドル円の動きにも注目が必要です。118円台まで下げている状態ですが、これ以上下がるようであれば、重しとなってしまうでしょう。

来週の予定

21日・・・独4月ZEW景況感指数
22日・・・日3月貿易統計、米3月中古住宅販売
23日・・・中4月HSBC製造業PMI
24日・・・独4月Ifo景況感指数




あなたに勝ち続ける秘密教えます!

2015年の新しい投資法をご提案します

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://synchronicityhy.blog.fc2.com/tb.php/477-e34561a0

Windows 7 高速化 - 重いソフトを快適に動作させる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。