4/13の日経225先物は、短期的な利益確定売りに押されるも先高感強く底堅い展開となりそう - 年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報

年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報 ホーム » スポンサー広告 » 日経225先物相場 » 4/13の日経225先物は、短期的な利益確定売りに押されるも先高感強く底堅い展開となりそう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4/13の日経225先物は、短期的な利益確定売りに押されるも先高感強く底堅い展開となりそう

このエントリーをはてなブックマークに追加

先週は、高値警戒感から利益確定売りに押されながらも、15年ぶりに2万円台を回復した。外部要因やドル円に動きにもそれ程影響することなく、底堅さを見せているだけに、今後の展開が注目される。
15年ぶりの2万円台


(前週末)
日経VI・・・20.03△(19.30)
RSI・・・53.7▲(58.5)
暴落レシオ・・・106.99▲(111.18)
日経平均かい離率・・2.67▲(3.02)
外資系売買動向・・・480万株買い越し
日経平均先物CME(円建て)・・・20,025(7時現在)




指数は2万円達成後は利益確定売りに押されたため過熱感は減少している。4/13の日経225先物は、2万円台回復で高値では短期的な利益確定売りがでやすく上値を重くしそうだが、過熱感はさほどなくCMEは2万円台を維持し、ドル円も120円台をキープしている状況もあり、先高感は強いため、依然底堅い展開となりそう。
本日の予定は、8:50 日銀金融政策決定会合議事要旨、 2月機械受注(前月比予想:-2.2%、1月:-1.7%)、3月企業物価指数(前年比予想:+0.4%、2月:+0.5%)、9:00 黒田日銀総裁あいさつ、中国・3月貿易収支(予想:+401億ドル、2月:+606.2億ドル)、3:00 米・3月財政収支(予想:-434億ドル、14年3月:-369億ドル)などが予定されています。

来週の予定

13日(月)・・・日銀議事録、黒田日銀総裁あいさつ、中国貿易収支(3月)
14日(火)・・・米生産者物価・小売売上高(3月)、ミネアポリス連銀総裁講演、IMF世界経済見通し発表、G7外相会議
15日(水)・・・中国GDP(第1四半期)・中国鉱工業生産・小売売上高(3月)、ECB政策金利・ドラギECB総裁記者会見、米鉱工業生産(3月)、米NY連銀製造業景況指数(4月)
16日(木)米住宅着工・建設許可件数(3月)、米新規失業保険申請件数、G20財務相・中央銀行総裁会議
17日(金)ユーロ圏消費者物価指数(3月)、米消費者物価・景気先行指数(3月)、米ミシガン大学消費者信頼感・速報値(4月)




あなたに勝ち続ける秘密教えます!

2015年の新しい投資法をご提案します

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://synchronicityhy.blog.fc2.com/tb.php/472-77b2436f

Windows 7 高速化 - 重いソフトを快適に動作させる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。