日経225投資用語集「ら」行 - 年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報

年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報 ホーム » スポンサー広告 » 日経225投資用語集 » 日経225投資用語集「ら」行

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日経225投資用語集「ら」行

このエントリーをはてなブックマークに追加

・利食い(利食い売り)
保有銘柄を売却して利益を確定すること。


・利回り
投資家が債券を償還期限まで保有した場合の利子と償還差損益の合計額の投資元本に対する割合。


・流動性リスク
流動性リスクとは、思うように売却できないリスクのことです。売買が極端に少ない銘柄を取引しようとする場合、希望の金額で売却できないことがあります。売却できたとしても、希望の金額を大幅に下回った金額での約定となってしまう可能性があります


・るいとう
るいとうとは、ある銘柄を毎月一定金額ずつ買い付けていく投資方法のことです。「株式累積投資」の愛称です。毎月積み立てる金額は、1万円以上千円単位で指定することができ、1株単位の銘柄も対象となります。単元未満からの購入も可能で、購入株数が単元に達すれば通常の株主になることもできます。投資方法には「ドル・コスト平均法」という方法がとられます。株価が高いときは少ない株数、株価が低いときは多い株数を買うという方法なので、平均購入価格を低く抑えることができます。


・レクタングフォーメーション
2本の平行線の間を価格が横ばいに動いているチャートパターンで、トレンドの一時休止をあらわしている。ブレークした後、通常はそれまでのトレンドと同じ方向へ動き出すことが多い。


・レジスタンスライン
チャート上で価格上昇がとまる可能性が高い水準のことをいう。抵抗線、上値抵抗線ともいう。過去に何度もトライして突破できなかった水準や、過去の高値、安値、また過去の高値を結んだトレンドライン等がレジスタンスラインとなることが多い。


・レバレッジ
梃子(てこ)の意味。他人資本を利用することで、自己資本で行う以上の規模の取引を可能にすること。小額の手元資金でも大きな取引ができるようになるため自己資本に対する利益率を高める効果があり、これをレバレッジ効果という。先物取引や外国為替保証金取引、信用取引、オプション取引といったデリバティブ取引では、レバレッジ効果によって、手元資金の何倍~何十倍もの金額の売買が可能である。


・狼狽売り(ろうばいうり)
相場の急激な下降に直面して、持っているポジションをあわてて投げ売りすること。相場の急落局面でおこる現象。


・ローソク足
ローソク足とは、株価の動きをグラフ化したチャートの一種です。株価の動きをローソクの形で表していることからローソク足といわれます。ローソク足には、白く表示されるものと黒く表示されるものがあります。白く表示されるものは、終値が始値より上がっていることを表し、黒く表示されるものは、終値が始値より下がっていることを表しています。また、「ヒゲ」とよばれる部分は、高値と安値を表しています。


・ロスカット
ロスカットとは、損失を制限するための損切りのことです。短期売買においては、ロスカットラインを事前に決めておくことがリスク管理上重要になります。この水準を割ったら売りという基準を決めるのが一般的です。証券会社によっては、ロスカットラインまで下落したら成行で売りという「逆指値注文」を採用しているところもあり、これを利用すれば自動的にロスカットを実行することが可能です。


・ロング(買い建て)
投資商品(株・債権・先物等)を買い建てること。売り建てることはショートという。


初心者でも勝てる投資をお探しの方は・・・
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
2015年の新しい投資法をご提案します
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://synchronicityhy.blog.fc2.com/tb.php/47-65cac81b

Windows 7 高速化 - 重いソフトを快適に動作させる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。