4/8の日経225先物は、底堅さは健在だが日銀金融政策決定会合を見据えた動きとなりそう - 年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報

年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報 ホーム » スポンサー広告 » 日経225先物相場 » 4/8の日経225先物は、底堅さは健在だが日銀金融政策決定会合を見据えた動きとなりそう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4/8の日経225先物は、底堅さは健在だが日銀金融政策決定会合を見据えた動きとなりそう

このエントリーをはてなブックマークに追加

4/7の日経225先物は、前日の米国株高や円安傾向を受けた買いが先行した。また、中国での追加緩和観測が強まり、中国株高となったことも押し上げ要因となり、引けにかけて利益確定売りに押されるも、結果大幅高となった。ナイトでは、米利上げ観測の後退を好感した欧州株も上昇し、ドル円も120円台を回復してきたことで、さらに買われる展開となり値を切り上げた。


日経225ラージ6月限

◇日中:始値19,550/高値19,690/安値19,510/終値19,680(+130)
※売買代金:1,262,435,190(+467,346,110)/出来高:64,385(+23,349)(前日比)

◆夜間:始値19,700/高値19,870/安値19,680/終値19,800(+100)
※売買代金:453,526,960(+160,838,680)/出来高:22,933(+7,927)(前日比)



日経225ミニ6月限

◇日中:始値19,555/高値19,685/安値18,505/終値19,675(+120)
※売買代金:11,969,027,545(+4,361,728,847)/出来高:610,427(+217,784)(前日比)

◆夜間:始値19,700/高値19,860/安値19,680/終値19,805(+105)
※売買代金:6,114,552,025(+2,795,456,205)/出来高:309,244(+139,030)(前日比)




NY株式市場は、昨日の大幅高を受け、利益確定売りがでやすい中、ドル円が120円を超えてきたことで、ドル高による企業業績の悪化を嫌気し、上値を重くし、小幅安となった。


NY為替市場は、雇用統計後のドル売りの反動で、ドルを買い戻す動きとなった。米長期金利の上昇による日米金利差拡大を見据えたドル買い・円売りの流れとなり、120円台半ばを推移しています。


(前日)
日経VI・・・19.98▲(20.49)
RSI・・・52.3△(48.9)
暴落レシオ・・・105.60△(99.96)
日経平均かい離率・・1.97△(0.88)
外資系売買動向・・・60万株売り越し
日経平均先物CME(円建て)・・・19775(7時現在)




指数は昨日の大幅上昇で高まってきているがまだ問題ない程度。4/8の日経225先物は、底堅い展開ではあるが、高値での利益確定売りに注意が必要でしょう。円安を追い風にし、昨日の大幅高で、改めて底堅さを示された格好となり、再び20000円の大台が見えてきた。しかし、2日間で500円以上の上げ幅ということもあり、さすがに調整売りがでやすいところだろう。しかも、日銀金融政策決定会合の結果が昼ごろ発表される見通しなので、午前中は様子見ムードとなりそう。おそらく、政策の変更はないとみられるが、日銀短観があまりよくなかっただけに、サプライズの警戒感もある。現状維持の結果であれば、一時的な利益確定売りがでそう。SQ週の水曜日ということもあり、売り買い交錯も考えられるが、押し目を待つ投資家も多いことから、下げても限定的でしょう。
本日の予定は、日銀金融政策決定会合、15:30 黒田日銀総裁会見、日銀マネタリーベース目標(予想 80兆円 前回 80兆円)、15:00 ドイツ製造業受注(予想 1.5% 前回 -3.9%(前月比))、16:15 スイス消費者物価指数(予想 0.1% 前回 -0.3%(前月比))、18:00 ユーロ圏小売売上高(予想 -0.2% 前回 1.1%(前月比))、20:00 米国MBA住宅ローン申請指数などが予定されています。


あなたに勝ち続ける秘密教えます!

2015年の新しい投資法をご提案します


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://synchronicityhy.blog.fc2.com/tb.php/468-ba24e505

Windows 7 高速化 - 重いソフトを快適に動作させる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。