4/7の日経225先物は、米国市場上昇で安心感から買い優勢だが利益確定売りに上値抑えられそう - 年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報

年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報 ホーム » スポンサー広告 » 日経225先物相場 » 4/7の日経225先物は、米国市場上昇で安心感から買い優勢だが利益確定売りに上値抑えられそう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4/7の日経225先物は、米国市場上昇で安心感から買い優勢だが利益確定売りに上値抑えられそう

このエントリーをはてなブックマークに追加

4/6の日経225先物は、米雇用統計の悪化が影響し、売り先行で始まったが、その後は買戻しや押し目買いで下げ渋り、値を戻す展開となった。依然、下値サポートは強い状態といえる。ナイトでは、米株式市場の反応が注目されたが、先週末の休場が功を奏したのかマイナス面よりも、利上げ時期後退が濃厚になってきているというプラス面を読み取る時間を作れたことで、大きく上昇したため、安心感から買われ上昇する展開となった。


日経225ラージ6月限

◇日中:始値19,300/高値19,450/安値19,250/終値19,390(+90)
※売買代金:795,089,080(-50,637,690)/出来高:41,036(-2,555)(前日比)

◆夜間:始値19,410/高値19,600/安値19,400/終値19,580(+170)
※売買代金:292,688,280(-19,153,420)/出来高:15,006(-1,037)(前日比)



日経225ミニ6月限

◇日中:始値19,295/高値19,445/安値18,250/終値19,390(+95)
※売買代金:7,607,298,698(+768,638,123)/出来高:392,643(+40,074)(前日比)

◆夜間:始値19,410/高値19,595/安値19,395/終値19,580(+170)
※売買代金:3,319,095,820(-459,974,755)/出来高:170,214(-24,215)(前日比)




NY株式市場は、先週末の休場でサプライズ的な雇用統計の悪化への反応を受けず、逆に利上げ時期の後退を意識することができたため、大幅上昇して引けた。ドル高による企業業績の悪化も後退したこともプラス要因となった。


NY為替市場は、米株高や原油高により米国債利回りが上昇したことで、ドル買い優勢となり、ドル円は米雇用統計の下げを取り戻す展開となった。


(前日)
日経VI・・・20.49△(20.26)
RSI・・・48.9▲(54.5)
暴落レシオ・・・99.96▲(102.67)
日経平均かい離率・・0.88▲(1.19)
外資系売買動向・・・10万株買い越し
日経平均先物CME(円建て)・・・19560(7時現在)




指数は落ち着いており問題ない。4/7の日経225先物は、昨日の米国株式市場が雇用統計の結果をうまく乗り切ったことで、買い先行となりそうです。しかし、週末のSQ算出日を控え海外投資家の仕掛け的な売買には注意が必要でしょう。
本日の予定は、日銀金融政策決定会合(8日まで)、16:55 ドイツ非製造業PMI・確報値(予想 55.3 前回 55.3)、17:00 ユーロ圏非製造業PMI・確報値(予想 54.3 前回 54.3)、18:00 ユーロ圏生産者物価指数(予想 0.1% 前回 -0.9%(前月比)) 、IMFが世界経済見通しを発表などが予定されています。


あなたに勝ち続ける秘密教えます!

2015年の新しい投資法をご提案します


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://synchronicityhy.blog.fc2.com/tb.php/467-63eef52a

Windows 7 高速化 - 重いソフトを快適に動作させる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。