3/27の日経225先物は、権利落ち分を取り戻せるか!?為替や日銀ETF,GPIF買いに期待 - 年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報

年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報 ホーム » スポンサー広告 » 日経225先物相場 » 3/27の日経225先物は、権利落ち分を取り戻せるか!?為替や日銀ETF,GPIF買いに期待

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3/27の日経225先物は、権利落ち分を取り戻せるか!?為替や日銀ETF,GPIF買いに期待

このエントリーをはてなブックマークに追加

3/26の日経225先物は、前日の欧米株安を受けて寄り付きから利益確定売りが先行しました。権利取り最終日だったが、マイナス要因が多く調整が意識された。またドル円も下げ続け、119円台を割り込む展開となったことも重しとなった。ナイトでも、ドル円の下げが止まらず、さらに売り込まれたが、ドル円が切り返したこともあり反発した。ダウも昨日の大幅安の反動で小幅に反発したことも買戻しの要因となった。


日経225ラージ6月限

◇日中:始値19,520/高値19,540/安値19,290/終値19,290(-230)
※売買代金:1,474,514,550(+519,680,770)/出来高:76,061(+27,350)(前日比)

◆夜間:始値19,240/高値19,380/安値19,030/終値19,380(+140)
※売買代金:821,454,560(+446,845,490)/出来高:42,784(+23,651)(前日比)



日経225ミニ6月限

◇日中:始値19,520/高値19,535/安値19,280/終値19,280(-240)
※売買代金:13,688,362,085(+3,149,573,039)/出来高:705,995(+168,270)(前日比)

◆夜間:始値19,235/高値19,375/安値19,025/終値19,375(+140)
※売買代金:10,873,447,160(+5,171,605,355)/出来高:566,426(+275,269)(前日比)




NY株式市場は、サウジ主導によるイエメン空爆を実施したことが嫌気され、売りが先行したが、この日発表の新規失業保険申請件数が予想よりも良好な内容となり、買い戻す動きとなった。しかし引けにかけて再び下落した。米企業がこれまでのドル高を受け、企業業績に影響を与え、決算への期待が後退しており、買いが入りにくい状況となっている。


NY為替市場は、イエメンへの空爆を嫌気し、安全資産の円が買われたことで、ドル円が一時118円台前半まで値を下げたが、その後発表の米新規失業保険申請件数が予想以上の結果だったことでどるが買い戻され119円台前半まで戻しています。


(前日)
日経VI・・・21.27△(19.35)
RSI・・・63.1▲(77.0)
暴落レシオ・・・108.37▲(120.30)
日経平均かい離率・・2.26▲(3.96)
外資系売買動向・・・150万株買い越し
日経平均先物CME(円建て)・・・19320(7時現在)




指数は昨日の大幅な調整売りにより、過熱感は後退しています。3/27の日経225先物は、権利落ち日となり、配当落ち分を取り戻せるかが焦点となる。米国市場はイエメン空爆が重しとなったが、指標が好調だったこともあり下げは限定的となっており、ドル円も円買いから一転、ドル買いに向かっている状況で、CMEも値を戻しつつあるため、堅調な推移となりそうです。日銀ETF,GPIFの買いと、ドル円の動きがカギを握りそうですね。
本日の予定は、国内で 8:30 2月失業率(予想 3.5% 前回 3.6%)、有効求人倍率(予想 1.15 前回 1.14)、全国消費者物価指数(予想 2.3% 前回 2.4%(前年比))が、米国では21:30 GDP・確報値(予想 2.4% 前回 2.2%(前期比年率))、23:00 3月ミシガン大学消費者信頼感・確報値(予想 92.0 前回 91.2)などが予定されています。


3/31までのチャンス!
今だけ「本格的に下降する時期とは?」特別考察レポートが付いてくる!


TSS3r4-6月期販売開始


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://synchronicityhy.blog.fc2.com/tb.php/458-a7999086

Windows 7 高速化 - 重いソフトを快適に動作させる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。