3/24の日経225先物は、急ピッチな上昇に過熱感高まるも下支え強く上値を追う展開となりそう - 年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報

年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報 ホーム » スポンサー広告 » 日経225先物相場 » 3/24の日経225先物は、急ピッチな上昇に過熱感高まるも下支え強く上値を追う展開となりそう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3/24の日経225先物は、急ピッチな上昇に過熱感高まるも下支え強く上値を追う展開となりそう

このエントリーをはてなブックマークに追加

3/23の日経225先物は、先週の勢いそのままに寄り付きから買い先行でスタートした後も堅調な推移を見せ、一時19700円まで上げたが、その後は利益確定売りなどもあり、上値を抑えられる場面もあったが上げ幅はそのままに強い状態で引けた。ナイトでも強さは継続し、外部要因にもそれ程影響することなく推移。ドル売りが進んだことで若干値を下げて終えています。


日経225ラージ6月限

◇日中:始値19,570/高値19,700/安値19,550/終値19,690(+120)
※売買代金:838,525,640(-45,794,990)/出来高:42,678(-2,883)(前日比)

◆夜間:始値19,690/高値19,690/安値19,610/終値19,640(-50)
※売買代金:276,719,980(-42,415,990)/出来高:14,081(-2,266)(前日比)



日経225ミニ6月限

◇日中:始値19,570/高値19,700/安値19,545/終値19,690(+120)
※売買代金:7,552,330,412(-562,029,902)/出来高:384,381(-33,831)(前日比)

◆夜間:始値19,680/高値19,690/安値19,615/終値19,640(-40)
※売買代金:4,156,959,465(-1,299,257,310)/出来高:211,550(-67,373)(前日比)



NY株式市場は、FRBの利上げ期待が後退する中で、ドル安となっていることから底堅く推移していたが、先週の大幅上昇もあり、引けにかけて利益確定売りに押され、反落で終えました。


NY為替市場は、フィッシャー連邦準備制度理事会(FRB)副議長が利上げに対し、しばらく緩和策を続けるとのハト派な意見を述べたことで、ドルが続落する展開となった。


(前日)
日経VI・・・19.53△(19.41)
RSI・・・74.3△(71.0)
暴落レシオ・・・130.32△(129.87)
日経平均かい離率・・4.73△(4.09)
外資系売買動向・・・280万株買い越し
日経平均先物CME(円建て)・・・19645(7時現在)




指数はこの日も堅調に推移したため、過熱感は強いままで警戒が必要。3/24の日経225先物は、依然として日銀、年金の買い期待の継続や、3月決算銘柄の権利付最終日を控え、26日までは堅調な推移が続きそう。また、個別ですでに上昇している銘柄は利益確定売りで下げているところも多いが、割安な銘柄が今度は買われる状況でもあることから底堅さを維持できているとみられている。
本日は、中国3月HSBC製造業PMI、ユーロ圏製造業PMI速報値、米2月消費者物価指数、米2月新築住宅販売などが予定されています。


3/31までのチャンス!
今だけ「本格的に下降する時期とは?」特別考察レポートが付いてくる!


TSS3r4-6月期販売開始

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://synchronicityhy.blog.fc2.com/tb.php/455-a5b9a645

Windows 7 高速化 - 重いソフトを快適に動作させる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。