日経225投資用語集「ま」行 - 年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報

年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報 ホーム » スポンサー広告 » 日経225投資用語集 » 日経225投資用語集「ま」行

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日経225投資用語集「ま」行

このエントリーをはてなブックマークに追加

・前引け

前場の最後の売買のこと。後場の最後の売買を大引という。


・窓

前日の高値(安値)より、当日の安値(高値)が高い(安い)場合にチャート上にできる空間のこと。


・ミニ株

ミニ株とは、通常の売買単位の10分の1の株数から取引できる投資システムのことです。株式ミニ投資ともいいます。例えば、通常取引の場合、売買単位が1,000株、株価が2,000円の株を購入するには、最低でも200万円の資金が必要になります。しかしミニ株ならば100株から購入できるため、最低20万円の資金で投資することができます。 ミニ株の場合、注文方法は成行注文のみ、売買成立は注文を出した翌日の寄り付き時となります。


・目先感

むこう1ヶ月程度の短期的な相場見通のこと。3ヶ月程度であれば「中勢感」、6ヶ月以上であれば「大勢感」という。短期的な相場見通のことを「目先」という。


・餅つき相場

年末の不安定な相場を指す。欧米ではクリスマス、日本では正月の影響で年末は売買が閑散とし、この時期はちょっとした材料で価格が大きく変動しがちになる。


・戻り高値

下落した株価が一時上昇し、再び下落に転じた際の高値をさす。


・模様眺め

相場の見通しがたたないため売買を控えて相場の成り行きを見守っている状態のこと。「様子見」「手控え」ともいう。


投資で損したくない方は・・・
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
2015年の新しい投資法をご提案します

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://synchronicityhy.blog.fc2.com/tb.php/45-af26000a

Windows 7 高速化 - 重いソフトを快適に動作させる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。