3/4の日経225先物は、大幅下落で一旦過熱感冷めるも重要指標控え上値重い展開となりそう - 年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報

年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報 ホーム » スポンサー広告 » 日経225先物相場 » 3/4の日経225先物は、大幅下落で一旦過熱感冷めるも重要指標控え上値重い展開となりそう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3/4の日経225先物は、大幅下落で一旦過熱感冷めるも重要指標控え上値重い展開となりそう

このエントリーをはてなブックマークに追加

3/3の日経225先物は、米国株高を受けた買いが一巡した後は、利益確定売りに押される展開。ようやく過熱感が意識され、その後も戻りは弱く海外勢の売りも入ったことで反落しました。ナイトでは、日中の下げを引き継ぎ、軟調な推移となり、欧米株式市場も反落したため引けにかけて売りが加速する展開となりました。


日経225ラージ3月限

◇日中:始値18,910/高値18,910/安値18,730/終値18,820(-90)
※売買代金:922,803,260(+52,704,410)/出来高:49,043(+2,889)(前日比)

◆夜間:始値18,820/高値18,830/安値18,660/終値18,700(-120)
※売買代金:304,880,790(+72,508,400)/出来高:16,274(+3,942)(前日比)



日経225ミニ3月限

◇日中:始値18,910/高値18,915/安値18,730/終値18,820(-90)
※売買代金:8,881,923,505(+1,079,854,575)/出来高:472,163(+58,273)(前日比)

◆夜間:始値18,825/高値18,830/安値18,655/終値18,695(-130)
※売買代金:3,816,927,500(+599,678,665)/出来高:203,711(+32,991)




NY株式市場は、米国とイスラエルの関係悪化やナスダックが節目の5000ポイント達成したこともあり、利益確定売りが先行しその後も上値重い展開となりました。


NY為替市場は、日本市場の反落の影響や米国とイスラエルの関係悪化を懸念したリスク回避の円買いもありドル円は下げる展開となりました。119円台半ばを維持しています。


(前日)
日経VI・・・20.33▲(20.63)
RSI・・・91.7△(88.7)
暴落レシオ・・・131.48▲(135.25)
日経平均かい離率・・4.18▲(4.55)
外資系売買動向・・・50万株買い越し
日経平均先物CME(円建て)・・・18740(7時現在)




指数は反落を受けて軒並み下げていますが、依然過熱感は残っている状態。3/4の日経225先物は、大幅に下げたことで一旦は調整されたが、週末に向けて重要イベントを控え、確認しながらの動きとなることから上値が重い展開となりそうです。ただ、日銀や年金の下支えの影響力はあるため下げは限定的となりそうです。
本日は、ユーロ圏非製造業PMI・確報値(予想:53.9 前回:53.9)、ユーロ圏小売売上高(予想:0.2% 前回0.3%)、米ADP雇用者数(予想:219千人 前回:213千人)、米ISM非製造業景況指数(予想:56.5 前回:56.7)などが注目されます。


あなたに勝ち続ける秘密教えます!

TSS3r4-6月期販売開始


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://synchronicityhy.blog.fc2.com/tb.php/437-f8b7b1f0

Windows 7 高速化 - 重いソフトを快適に動作させる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。