2/27の日経225先物は週末の過熱感高まりで利益確定売りがでやすい状況となるか!? - 年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報

年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報 ホーム » スポンサー広告 » 日経225先物相場 » 2/27の日経225先物は週末の過熱感高まりで利益確定売りがでやすい状況となるか!?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2/27の日経225先物は週末の過熱感高まりで利益確定売りがでやすい状況となるか!?

このエントリーをはてなブックマークに追加

2/26の日経225先物は、前日のNYダウ高や日銀ETF買い、GPIF買い期待、円安傾向を背景に買い先行でスタート。その後も堅調に推移し大きくプラス終了。ナイトでは、ドル円下げるも底堅さあり、その後発表の米指標が好調だったことを受け、利上げ期待が再び高まり、ドルが買われたことで更なる上昇圧力となり18880円で終えています。結局、調整されないまま上げ幅拡大しています。


日経225ラージ3月限

◇日中:始値18,590/高値18,810/安値18,580/終値18,800(+210)
※売買代金:855,464,330(+33,053,410)/出来高:45,710(+1,515)(前日比)

◆夜間:始値18,820/高値18,920/安値18,780/終値18,880(+60)
※売買代金:335,681,140(+128,271,650)/出来高:17,803(+6,649)(前日比)



日経225ミニ3月限

◇日中:始値18,590/高値18,805/安値18,585/終値18,805(+215)
※売買代金:8,280,114,840(+755,073,015)/出来高:442,612(+38,224)(前日比)

◆夜間:始値18,815/高値18,920/安値18,775/終値18,880(+65)
※売買代金:4,027,131,455(+1,444,770,880)/出来高:213,622(+74,749)




NY株式市場は、原油市場が大幅安となったことを背景に、利益確定売りに押されNYダウは小反落となっています。しかし、ハイテク関連が多いナスダックは反発しています。この日発表の米1月コア消費者物価指数や1月耐久財受注が予想を上回ったことで、利上げ期待が高まったことも上値を重くしました。


NY為替市場は、この日発表の米指標が予想を上回ったことで今年半ばの利上げ期待が再び高まりドルが買われる展開となりました。119円台半ばを推移しています。


(前日)
日経VI・・・19.55△(18.97)
RSI・・・89.9△(78.7)
暴落レシオ・・・141.41△(130.53)
日経平均かい離率・・4.97△(4.20)
外資系売買動向・・・80万株買い越し
日経平均先物CME(円建て)・・・18865(7時現在)




指数は昨日の大幅に買い進んだことで過熱感が非常に高い状態となっています。2/27の日経225先物は、昨日の大幅上昇により19000円近辺まで上げていることで、さすがに週末での過熱感の高まりが、利益確定売りを助長しそう。ただ、外部環境が好転してきていることや、日銀のETF,GPIF買い期待など売り込みにくい状況ではあるため上昇トレンドであることに変わりわない。
本日は日本で1月の失業率・有効求人倍率、全国消費者物価指数、鉱工業生産速報値が、米国ではGDP改定値、ミシガン大学消費者信頼感指数確報値など、重要指標が発表されるので結果によっては影響しそう。


あなたに勝ち続ける秘密教えます!

2015年の新しい投資法をご提案します


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://synchronicityhy.blog.fc2.com/tb.php/433-5ef27dab

Windows 7 高速化 - 重いソフトを快適に動作させる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。