2/26の日経225先物は過熱感から売り優勢も底堅く、もみ合い商状となりそう - 年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報

年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報 ホーム » スポンサー広告 » 日経225先物相場 » 2/26の日経225先物は過熱感から売り優勢も底堅く、もみ合い商状となりそう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2/26の日経225先物は過熱感から売り優勢も底堅く、もみ合い商状となりそう

このエントリーをはてなブックマークに追加

2/25の日経225先物は、ギリシャ支援合意を受け買い先行で始まったが、後半にかけ利益確定売りに押され6営業日ぶりに小反落する展開となりました。先行きの期待や外資による押し目買いが強く、下値は限定的となった。ナイトでは、ドラギECB総裁やイエレンFRB議長の議会証言は影響が薄く、為替が上下した分もみ合ったが方向感なく終えています。


日経225ラージ3月限

◇日中:始値18,630/高値18,660/安値18,550/終値18,630(±0)
※売買代金:822,410,920(+20,767,680)/出来高:44,195(+938)(前日比)

◆夜間:始値18,620/高値18,640/安値18,550/終値18,640(+20)
※売買代金:207,409,490(-126,704,490)/出来高:17,921(-6,767)(前日比)



日経225ミニ3月限

◇日中:始値18,630/高値18,655/安値18,555/終値18,630(±0)
※売買代金:7,525,041,825(-212,465,475)/出来高:404,388(-13,324)(前日比)

◆夜間:始値18,620/高値18,640/安値18,550/終値18,635(+15)
※売買代金:2,582,360,575(-1,718,347,760)/出来高:138,873(-91,742)




NY株式市場は、連日の上昇もあり利益確定売りに押されたが、利上げを急がない見方が強く、その後は買い戻され小幅続伸で終えています。イエレンFRB議長の下院での発言が昨日と変わらなかったことも押し目買いの要因となった感があります。


NY為替市場は、米長期金利の上昇に伴い、ドルが買われ119円台まで戻したが、その後長期金利が大幅反落し結局118円台後半まで下落しています。


(前日)
日経VI・・・18.97▲(20.04)
RSI・・・78.7▲(83.3)
暴落レシオ・・・130.53▲(139.51)
日経平均かい離率・・4.20▲(4.59)
外資系売買動向・・・550万株買い越し
日経平均先物CME(円建て)・・・18665(7時現在)




指数は6営業日ぶりに小反落となったことで若干過熱感は後退したが、依然高い状態のため警戒が必要。2/26の日経225先物は、先行きの期待から堅調な推移が続きそうだが、短期的には売りが入り、もみ合い商状が継続しそうですね。高値警戒感が高まっている状況もあり、更なる買い進みにくい状況ではあるため、どこかでいったん大きく調整されなければ持合いが続きそうですね。
本日は目立ったイベントはないが、27日に日本では1月失業率・有効求人倍率、消費者物価指数、鉱工業生産などが、米国では10-12月期GDP改定値が発表されるため様子見ムードから薄商いとなりそう。


あなたに勝ち続ける秘密教えます!

2015年の新しい投資法をご提案します


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://synchronicityhy.blog.fc2.com/tb.php/432-c352829e

Windows 7 高速化 - 重いソフトを快適に動作させる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。