2/17の日経225先物はギリシャ、ウクライナの先行き不透明感による円買いが重しとなり軟調もみ合いとなるか!? - 年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報

年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報 ホーム » スポンサー広告 » 日経225先物相場 » 2/17の日経225先物はギリシャ、ウクライナの先行き不透明感による円買いが重しとなり軟調もみ合いとなるか!?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2/17の日経225先物はギリシャ、ウクライナの先行き不透明感による円買いが重しとなり軟調もみ合いとなるか!?

このエントリーをはてなブックマークに追加

2/17の日経225先物は、GDPが前期比年率で2.2%とプラスではあるものの、市場予想の平均値3%台後半には程遠く、景気の鈍さが露呈してしまったため、軟調な推移となりました。ドル円の118円台で膠着していることも重しとなりました。ナイトでは、米国株式市場が休場であることや、ギリシャとウクライナの情勢が以前不透明なことから、薄商いとなりもみ合いながら小幅に下落する展開となりました。

日経225ラージ3月限

◇日中:始値18,010/高値18,070/安値17,970/終値17,990(-20)
※売買代金:523,216,490(-270,794,280)/出来高:29,036(-15,290)(前日比)

◆夜間:始値18,020/高値18,020/安値17,960/終値17,960(-60)
※売買代金:89,241,450(-273,437,310)/出来高:4,962(-15,146)(前日比)



日経225ミニ3月限

◇日中:始値18,010/高値18,065/安値17,970/終値17,990(-20)
※売買代金:5,453,192,600(-2,274,325,560)/出来高:302,622(-128,846)(前日比)

◆夜間:始値18,015/高値18,020/安値17,955/終値17,965(-50)
※売買代金:1,547,762,095(-3,542,061,455)/出来高:86,057(-196,140)



NY株式市場は、米国がプレジデンツデーの祝日で休場。


NY為替市場は、ギリシャの支援協議が物別れに終わっていることや、ウクライナの停戦後も戦闘が続いていることなどがあり、リスク回避の円買いが強まり118円台半ばでもみ合う展開となりました。

(前日)
日経VI・・・21.72△(20.65)
RSI・・・62.2△(59.3)
暴落レシオ・・・113.69▲(116.46)
日経平均かい離率・・3.03△(2.70)
外資系売買動向・・・210万株買い越し
日経平均先物CME(円建て)・・・17960(3時現在)




指数は上がってきてはいるもののまだ問題ない。2/17の日経225先物は、ギリシャやウクライナの問題が以前不透明となっており、ドル円が重しとなって上値の重い展開となりそうです。しかし、日銀のETF買いやGPIF買いの期待が下支えとなっており昨日同様もみ合う可能性が高い。本日は国庫短期証券と20年物国債の入札が行われるが、不調に終われば、一時的にドル円にも影響が出る可能性もあります。また、17.18日で日銀金融政策決定会合が開かれるため注目したいとことです。


あなたに勝ち続ける秘密教えます!

「TSS」1か月使ってみよう


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://synchronicityhy.blog.fc2.com/tb.php/424-b62e2709

Windows 7 高速化 - 重いソフトを快適に動作させる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。