米1月雇用統計を受けてドル円急上昇!日経225先物も連動し大幅続伸! - 年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報

年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報 ホーム » スポンサー広告 » 日経225先物相場 » 米1月雇用統計を受けてドル円急上昇!日経225先物も連動し大幅続伸!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米1月雇用統計を受けてドル円急上昇!日経225先物も連動し大幅続伸!

このエントリーをはてなブックマークに追加

2/6の日経225先物は、米国株高を好感し、買い先行で始まりました。円安傾向へと向かったことも好感されたが、その後は米雇用統計を見極めたいとの思惑から上値を抑えられ、ドル円も下げたことでもみ合う展開となりました。ナイトでは、米1月雇用統計の結果を為替が好感し、ドルが買われたことで119円台まで一気に上昇したため、先物にも大口の買いが入り200円以上上昇して終えています。

日経225ラージ3月限

◇日中:始値17,700/高値17,700/安値17,600/終値17,660(-40)
※売買代金:544,842,860(-227,821,360)/出来高:30,872(-13,188)(前日比)

◆夜間:始値17,640/高値17,920/安値17,610/終値17,900(+260)
※売買代金:521,801,260(+58,884,530)/出来高:29,341(+3,057)(前日比)



日経225ミニ3月限

◇日中:始値17,690/高値17,700/安値17,600/終値17,660(-30)
※売買代金:4,758,505,140(-2,258,262,950)/出来高:269,703(-130,400)(前日比)

◆夜間:始値17,645/高値17,920/安値17,615/終値17,895(+250)
※売買代金:7,163,685,800(+1,197,186,805)/出来高:402,719(+63,800)



NY株式市場は、原油高や米1月雇用統計が予想よりも増加したため寄り付きから上昇していたが、同時に利上げ警戒感がでたことや、格付け会社スタンダード&プアーズがギリシャを格下げしたことで欧州債務問題の不透明感が強まり、引けいかけて下げ幅を拡大しマイナスで終えています。


NY為替市場は、117円台前半を推移していたが、米1月雇用統計が予想以上だったことを受け、年内の利上げを織り込んみドル買いが加速したことで、119円台前半まで一気に上昇しています。


(前日)
日経VI・・・22.42▲(22.82)
RSI・・・63.8▲(63.9)
暴落レシオ・・・96.53▲(97.09)
日経平均かい離率・・1.80△(0.95)
外資系売買動向・・・40万株売り越し
日経平均先物CME(円建て)・・・17785(7時現在)




指数は下げており問題ない。来週の日経225先物は、主要イベントを通過したことで、国外の要因から国内に目が向きだすと思われます。先週から米国株の下げに連動することなく持ち直す動きなどがあり、底堅い状況となっているので、来週は日本企業の決算発表を見据えながら、堅調な推移が予想されます。為替に関しても、118円の壁を突破したことで再び120円台を試す可能性もでてきました。
ただ、ギリシャ問題は燻っており、解決しなければ欧州不安が高まり、上値を重くする可能性もでてくるでしょう。


あなたに勝ち続ける秘密教えます!

2015年の新しい投資法をご提案します

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://synchronicityhy.blog.fc2.com/tb.php/415-b5404a44

Windows 7 高速化 - 重いソフトを快適に動作させる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。