2/6の日経225先物は買い優勢も米雇用統計控え様子見ムードでもみ合う展開か!? - 年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報

年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報 ホーム » スポンサー広告 » 日経225先物相場 » 2/6の日経225先物は買い優勢も米雇用統計控え様子見ムードでもみ合う展開か!?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2/6の日経225先物は買い優勢も米雇用統計控え様子見ムードでもみ合う展開か!?

このエントリーをはてなブックマークに追加

2/5の日経225先物は、原油安やギリシャ懸念、ドル円の伸び悩みなどがあったことで、寄付きから売り優勢で弱い動きとなりました。下げ止まった後は、6日の米国雇用統計を見据え押し目買いもなく、冴えない展開となりました。ナイトでは、週間新規失業保険申請件数が予想より少なかったことで、雇用統計の期待が生まれ、原油相場も上昇に転じたことを受け、NYダウが大きく上昇したことで、225も大きく反発し日中の下げ幅を解消して終えています。

日経225ラージ3月限

◇日中:始値17,600/高値17,630/安値17,470/終値17,480(-120)
※売買代金:772,664,220(-69,396,060)/出来高:44,060(-3,629)(前日比)

◆夜間:始値17,500/高値17,710/安値17,490/終値17,640(+140)
※売買代金:462,916,730(+84,567,120)/出来高:26,284(+4,822)(前日比)



日経225ミニ3月限

◇日中:始値17,605/高値17,630/安値17,475/終値17,485(-120)
※売買代金:7,016,768,090(-1,467,281,850)/出来高:400,103(-80,313)(前日比)

◆夜間:始値17,500/高値17,710/安値17,490/終値17,640(+140)
※売買代金:5,966,498,995(+398,862,770)/出来高:338,919(+23,071)



NY株式市場は、週間失業保険申請件数が予想より少なく、本日発表の米1月雇用統計への期待が高まったことや、原油相場が上昇に転じたことが好感材料となり大きく反発して終えています。


NY為替市場は、米国の12月貿易赤字が予想外に拡大したことや、10-12月期労働生産性速報値も予想外のマイナスに落ち込んだことが景気先行き不安につながり、ドル売りが優勢となり一時116円台に迫る下げでしたが、踏ん張りその後は、米国株式市場の反発を好感しリスク選好の円売りが強まったが、117円台半ばまでしか上がらず、もみ合う展開となっています。


(前日)
日経VI・・・22.82△(22.34)
RSI・・・63.9△(62.0)
暴落レシオ・・・97.09▲(104.73)
日経平均かい離率・・0.95▲(1.88)
外資系売買動向・・・600万株買い越し
日経平均先物CME(円建て)・・・17705(7時現在)




指数は上下まちまちとなっており、まだ問題ない。2/3の日経225先物は、米株式市場の大幅反発や、原油上昇で買い優勢となりそうです。しかし、今晩の米1月雇用統計を控えていることや、ドル円が伸び悩んでいることなどから、様子見もあり、堅調ではあるものの、上値は重くもみ合う可能性もあります。
昨日の米指標や雇用統計の予想値はプラスであることから、織り込む可能性もあるが、あまり発表前から織り込んでしまうと発表後に下げる可能性もあるので、日中の動きは注意したいですね。



あなたに勝ち続ける秘密教えます!

2015年の新しい投資法をご提案します

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://synchronicityhy.blog.fc2.com/tb.php/414-3a6342df

Windows 7 高速化 - 重いソフトを快適に動作させる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。