NYダウ大幅反発!1/30の日経225先物は、底堅く買い優勢か!? - 年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報

年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報 ホーム » スポンサー広告 » 日経225先物相場 » NYダウ大幅反発!1/30の日経225先物は、底堅く買い優勢か!?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NYダウ大幅反発!1/30の日経225先物は、底堅く買い優勢か!?

このエントリーをはてなブックマークに追加

1/29の日経225先物は、FOMC後の利上げ警戒感の高まりで、米株価が大幅下落したことを受けて売り先行でスタートしました。その後は、円安に傾き118円台に戻したことで押し目買いが入ったが、その後再び円が戻したため、下げる展開となりました。ナイトでは、売り買い交錯し、もみ合う展開となりましたが、好調な米企業決算や原油安でNYダウが大きく反発したことを受け、引けにかけて買い優勢となり上昇して終えました。

日経225ラージ3月限

◇日中:始値17,630/高値17,790/安値17,570/終値17,610(-20)
※売買代金:841,340,130(-74,544,990)/出来高:47,610(-3,972)(前日比)

◆夜間:始値17,670/高値17,750/安値17,600/終値17,740(+70)
※売買代金:462,847,810(-42,924,100)/出来高:26,189(-2,278)(前日比)



日経225ミニ3月限

◇日中:始値17,630/高値17,785/安値17,570/終値17,615(-15)
※売買代金:7,772,265,310(-345,306,600)/出来高:439,471(-17,991)(前日比)

◆夜間:始値17,660/高値17,750/安値17,595/終値17,735(+75)
※売買代金:7,261,747,055(+401,115,380)/出来高:410,831(+24,653)(前日比)



NY株式市場は、前日のFOMC声明を引きずった形でスタートし、下値で持合う展開だったが、前日に大きく下げていたことの買いやすさから、その後の企業決算発表が軒並み好調だったことや、原油が反発したことを好感し、引けにかけて大きく上昇し反発して終えました。


NY為替市場は、米新規失業保険申請件数が予想以上に減少し、15年ぶりの低水準となったことから債券利回りの上昇に伴い、ドル買いが再熱し118円台を維持しています。


(前日)
日経VI・・・21.65△(20.72)
RSI・・・59.2▲(68.4)
暴落レシオ・・・110.99▲(123.79)
日経平均かい離率・・1.31▲(2.49)
外資系売買動向・・・790万株売り越し
日経平均先物CME(円建て)・・・17840(7時現在)




指数は昨日いったん下げたことで調整されています。1/30の日経225先物は、米企業の好決算によるNYダウ反発や国内でも決算を控え円安や原油安などで好調が期待されることもあり、底堅く買い優勢でスタートしそうです。また、ドル円も118円台前半を維持しており、円安方向に進めば更に買い圧力が増すでしょう。ただ、国内で12月全国消費者物価コア指数、12月完全失業率・有効求人倍率、12月鉱工業生産指数などが、米国では、10-12月期GDP速報値、1月ミシガン大学消費者信頼感指数確定値などイベントが控えているため、結果によっては上下に振れる可能性はあるでしょう。


2015年の日経225先物はこれで決まり!
2015年の新しい投資法をご提案します

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://synchronicityhy.blog.fc2.com/tb.php/408-d13276cb

Windows 7 高速化 - 重いソフトを快適に動作させる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。