1/23の市場は予想を上回るECB量的緩和で買い優勢だが、ギリシャ総選挙が重しに!? - 年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報

年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報 ホーム » スポンサー広告 » 日経225先物相場 » 1/23の市場は予想を上回るECB量的緩和で買い優勢だが、ギリシャ総選挙が重しに!?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1/23の市場は予想を上回るECB量的緩和で買い優勢だが、ギリシャ総選挙が重しに!?

このエントリーをはてなブックマークに追加

1/22の日経225先物は、ECBの量的緩和を見据え様子見ムードで薄商いとなり、上値が重い展開となりました。ECBの量的緩和は実行されることは織り込まれていたものの、内容を見極めたいとの思惑から方向感を伺う形となりました。引けにかけては、ドル円が118円台まで回復したことで上昇して引けました。ナイトでは、予想通りECBが量的緩和を実施したが織り込み済みの部分もあったことや、量的緩和実行に伴う、ユーロ円の下落に連動した形でドル円も下落したことで、一旦利益確定売りが優勢となったが、その後は量的緩和の規模が当初の予想よりも上回ったため反発し、引けにかけて上げ幅を拡大しました。

日経225ラージ3月限

◇日中:始値17,310/高値17,360/安値17,220/終値17,360(+50)
※売買代金:620,139,110(-555,094,890)/出来高:35,860(-32,237)(前日比)

◆夜間:始値17,340/高値17,420/安値17,140/終値17,410(+70)
※売買代金:753,653,980(+142,728,690)/出来高:43,549(+8,049)(前日比)



日経225ミニ3月限

◇日中:始値17,305/高値17,360/安値17,225/終値17,360(+55)
※売買代金:6,374,684,565(-3,999,129,570)/出来高:368,736(-232,454)(前日比)

◆夜間:始値17,345/高値17,420/安値17,145/終値17,410(+65)
※売買代金:9,774,008,910(+886,880,870)/出来高:564,678(+48,214)(前日比)



NY株式市場は、ECBが量的緩和を決定したことで、買い先行となったが、ただ織り込まれている部分もあったため買い一巡後は原油安などもあり、下げに転じ場面もありましたが、その後は大きく上昇し、NYダウも200ドル以上も上げ幅を拡大しました。


NY為替市場は、ECBの量的緩和の決定を受け、円高ドル安となり、117円台後半まで落ち込みました。その後も米新規失業保険申請件数が予想を上回ったことや、欧州に連動した米国債券利回りの低下に伴うドル売り優勢のでしたが、予想を上回る規模の量的緩和だったことを好感した株高に連れてリスク選好の円売りが加速し118円台半ばまで上げました。


(前日)
日経VI・・・24.21▲(24.76)
RSI・・・42.7△(40.3)
暴落レシオ・・・95.46△(93.93)
日経平均かい離率・・0.38△(0.12)
外資系売買動向・・・330万株買い越し
日経平均先物CME(円建て)・・・17535(7時現在)




指数は上昇していますが、まだ問題ない程度。1/21の日経225先物は、ECBの量的緩和を受けた米国株高や、円安傾向を背景に買い先行で始まるでしょう。ただ、週末ということや、25日のギリシャ総選挙の結果を見据えて、動きづらい面もあるため引けにかけては上値の重い展開となりそうですね。


2015年の日経225先物はこれで決まり!
2015年の新しい投資法をご提案します

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://synchronicityhy.blog.fc2.com/tb.php/402-caba4cec

Windows 7 高速化 - 重いソフトを快適に動作させる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。