ECBの量的緩和報道でNYダウ上昇!1/22の日経225先物はECBの結果を織り込み買い優勢!? - 年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報

年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報 ホーム » スポンサー広告 » 日経225先物相場 » ECBの量的緩和報道でNYダウ上昇!1/22の日経225先物はECBの結果を織り込み買い優勢!?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ECBの量的緩和報道でNYダウ上昇!1/22の日経225先物はECBの結果を織り込み買い優勢!?

このエントリーをはてなブックマークに追加

1/21の日経225先物は、前日までの連騰を受け、利益確定売りが先行し反落する展開となりました。その後も日銀金融政策決定会合の結果を受け、円が買われたことで売り圧力が増すこととなりました。ナイトでは、ECBの量的緩和の内容の一部が報道されたことで、ユーロが急反落し、欧州株が下落したことを受け、さらに下げ幅を広げたが、その後、報道のコメントをECBが拒否したことから一転、急反発したため、再び買戻しが入り乱高下する展開となりました。引けにかけて上昇を続け、プラスで終えています。

日経225ラージ3月限

◇日中:始値17,310/高値17,330/安値17,180/終値17,210(-100)
※売買代金:1,175,234,000(+152,956,170)/出来高:68,097(+8,831)(前日比)

◆夜間:始値17,210/高値17,340/安値17,080/終値17,300(+90)
※売買代金:610,925,290(-8,251,770)/出来高:35,500(-119)(前日比)



日経225ミニ3月限

◇日中:始値17,310/高値17,325/安値17,175/終値17,215(-95)
※売買代金:10,373,814,135(+2,180,923,815)/出来高:601,190(+126,146)(前日比)

◆夜間:始値17,210/高値17,345/安値17,075/終値17,300(+90)
※売買代金:8,887,128,040(+717,057,085)/出来高:46,495(+275,611)(前日比)



NY株式市場は、欧州株の下落をや、それまでの堅調な推移での利益確定売りもあり、反落で始まったものの欧州株が再び反発したことで、一変上昇に転じ、その後は原油高や、ECBの役員会が3月以降に月額500億ユーロ(580億ドル)の債券を買い入れる案を提案したことを明らかにしたことで、買い先行の動きとなりました。終わってみればプラスで引けています。


NY為替市場は、ユーロドルが急落したことで、ドル円も一時117円前半まで下げる展開となりましたが、その後は反発し、117円後半を推移しています。日銀の金融政策決定会合で付利引き下げが議論されなかったことに失望した円の買戻しが継続したが、その後ECBの各月500億ユーロの量的緩和を提案する報道でリスク選好の円売りが優勢となりました。


(前日)
日経VI・・・24.76▲(24.79)
RSI・・・40.3▲(41.8)
暴落レシオ・・・93.93△(92.47)
日経平均かい離率・・0.12▲(0.58)
外資系売買動向・・・100万株売り越し
日経平均先物CME(円建て)・・・17325(8時現在)




指数は暴落レシオが上昇していますが、まだ問題ない程度。1/21の日経225先物は、ECBの役員会が3月以降に月額500億ユーロ(580億ドル)の債券を買い入れる案を提案したことを明らかにしたことで、NY市場が好転しており、それを引き継ぐ形で買い先行となりそうです。あとは為替が118円台まで戻して来れが堅調な推移が予想されますが、ECBの追加緩和はほぼ織り込まれているため、発表後も買い先行ではあるものの落ち着いた動きとなるでしょう。


2015年の日経225先物はこれで決まり!
2015年の新しい投資法をご提案します

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://synchronicityhy.blog.fc2.com/tb.php/401-ab2af039

Windows 7 高速化 - 重いソフトを快適に動作させる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。